第857回の対戦カード

名古屋
vs
川崎
G大阪
vs
仙台
浦和
vs
F東京
vs
甲府
広島
vs
鹿島
横浜M
vs
福岡
新潟
vs
湘南
磐田
vs
大宮
神戸
vs
鳥栖
C大阪
vs
札幌
千葉
vs
水戸
山口
vs
北九州
讃岐
vs
愛媛
データを見る
対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗
:ホームチーム/:アウェイチーム
  • スタジアム周辺の天気を見る
  • データを印刷
ホーム アウェイ
磐田 大宮
J1 2nd第2節 2016年07月09日 19:00キックオフ ヤマハ

対戦成績

通算対戦成績
※データは公式サイトの発表に準じています
※天皇杯の成績は含まれておりません
10勝 7分 9勝
最近の対戦成績
ホーム ○ 2 2017/09/23
ヤマハ
1 ● アウェイ
ホーム ● 1 2017/05/31
ヤマハ
2 ○ アウェイ
アウェイ ○ 2 2017/03/11
NACK
1 ● ホーム
アウェイ ● 0 2016/09/22
NACK
5 ○ ホーム
アウェイ ● 0 2016/05/18
NACK
1 ○ ホーム

toto公式サイトで購入する

チーム・選手情報

予想スタメン
    8   15    
             
      4      
13           9
    23   40    
  35   3   44  
      31      
3-5-2
31. 志村 滉
44. パパドプーロス
3. 大井 健太郎
35. 森下 俊
9. 太田 吉彰
40. 川辺 駿
4. 小林 祐希
23. 山本 康裕
13. 宮崎 智彦
15. アダイウトン
8. ジェイ
    9   7    
             
39           17
    23   10    
20           19
    3   2    
      1      
4-4-2
1. 加藤 順大
19. 奥井 諒
2. 菊地 光将
3. 河本 裕之
20. 大屋 翼
17. 横谷 繁
10. 岩上 祐三
23. 金澤 慎
39. 泉澤 仁
7. 江坂 任
9. ネイツ・ペチュニク
選手情報
[出場微妙] カミンスキー(0試合・0得点)
荒木大吾(0試合・0得点)
[出場微妙] なし
[欠場濃厚] 小川大貴(0試合・0得点)
清水貴文(0試合・0得点)
[欠場濃厚] 黒川淳史(0試合・0得点)
福田俊介(0試合・0得点)
和田拓也(0試合・0得点)
家長昭博(0試合・0得点)
[出場停止] なし [出場停止] なし
[出場停止リーチ] なし [出場停止リーチ] なし
チーム情報
広島と対戦したJ1・2nd第1節は、エースのジェイが3試合ぶりに先発復帰。計15本のシュートを記録したものの、ゴールは奪えず。大量3失点を喫して0-3で敗れ、先が思いやられるスタートとなった。離脱していたGK八田直樹がベンチ入りしたことは、明るい話題。 J1・2nd第1節の名古屋戦は、試合終了間際に河本裕之の劇的弾で均衡を破り、1-0で勝利。ホームのリーグ戦では、J1・1st第2節以来、8試合ぶりの白星を挙げた。しかし、この試合を欠場したDF和田拓也とFW家長昭博の負傷離脱が発表され、攻守に不安を抱える。
プラス・マイナス材料
磐田は昨季のJ2で首位を争った大宮と対戦する。昨季からリーグ戦は3戦3分と、決着がついていない。J1昇格組のライバルを破り、J1通算350勝目をホームのサポーターと喜びたい。

J1・2nd第1節は昨季王者の広島になすすべなく、0-3で完敗した。4試合ぶりの3バックで守備陣の連係を欠き、失点シーン以外も多くのピンチを招いた。GK志村滉の好セーブがなければ3失点で済まなかっただろう。今節も3バックで臨むと予想され、早急な修正は必須だ。

攻撃陣も奮わなかった。守備に回る時間が長く、攻撃に圧力を出せなかった。今季最多15本のシュートも単発な攻撃に終始し、決定力も欠いた。ただ、ゴールへの意識は強く、改善の兆しがないわけではない。エースのジェイも前線の起点として機能。J1・1st第6節の新潟戦以来のゴールも間近だろう。今節はアダイウトンとの2トップを組む可能性が高い。大宮の堅守攻略には助っ人2人の活躍がカギを握りそうだ。

大宮FW家長昭博の左ハムストリング肉離れが5日に発表された。昨季のホーム戦でゴールを許すなど苦しめられてきた相手エースの欠場は、磐田にとって好材料だ。さらに、今季は敗戦直後の試合で4勝2分と連敗していない。名波浩監督が自信を持つ修正力の高さを発揮できるか。(totoONE編集部)
2ndステージ開幕戦は、後半アディショナルタイムに河本裕之が決勝点を決めて1-0で勝利した。J1・1st第2節の柏戦以来となるホームゲームの白星は、チームを勢いづけるのに十分なはず。さらに、この試合は、絶対的エースである家長昭博を欠いた中での勝利だっただけに、大きな自信にもなったはずだ。

この流れを持続させたい大宮だが、ここからの5試合は大きな試練と言える。この5試合で対戦する相手からは、1stステージで勝ち点「2」しか挙げられていないからだ。この5番勝負の初戦となるのは、昨季J2での2度の対戦でも、今季の対戦でも引き分けている磐田。直近3試合で勝ち点1を分け合っている相手との対戦に、そろそろ決着をつけたいところ。

渋谷洋樹監督は、前の試合で勝利したチームを比較的にいじらない監督だ。仮に家長が復帰していれば、話は違っただろうが、今節も間に合わない可能性が高い。それでも、前節ベンチ入りした播戸竜二に加え、トレーニングマッチにも出場したムルジャといったFWの駒が揃いつつあるのは、朗報と言える。ここ4試合で、攻撃陣のゴールは家長が横浜M戦で取った1点のみ。磐田戦では、攻撃的に試合を進められる時間もあるはずなので、そこで攻撃陣が結果を出すことが求められる。

堅守を見せている菊地光将と河本のセンターバックは、セットプレー時には相手の脅威となる。力づくで1点をもぎ取る武器があることは、粘り強さが身上のチームにとって大きな意味がある。(totoONE編集部)

データ

年間データ比較
11位 勝ち点 5 1勝 2分 0敗 今季リーグ戦成績 5位 勝ち点 6 1勝 3分 0敗
ホーム成績 1勝 1分 0敗 今季リーグ戦
ホーム・アウェイ
成績
アウェイ成績 1勝 2分 0敗
203勝48分96敗 スタジアム
通算成績
3勝3分4敗
2得点(0.67点) 今季リーグ戦
総得点
(1試合平均)
2得点(0.5点)
0失点(0点) 今季リーグ戦
総失点
(1試合平均)
1失点(0.25点)
6本 今季リーグ戦
総シュート数
8本
7本 今季リーグ戦
総被シュート数
14本
[0得点]2回 [1得点]0回 [2得点]1回 [3得点以上]0回 今季リーグ戦
得点回数
[0得点]3回 [1得点]0回 [2得点]1回 [3得点以上]0回
[0失点]3回 [1失点]0回 [2失点]0回 [3失点以上]0回 今季リーグ戦
失点回数
[0失点]3回 [1失点]1回 [2失点]0回 [3失点以上]0回
2得点(0.67点) 最近3試合
リーグ戦 総得点
(1試合平均)
0得点(0点)
0失点(0点) 最近3試合
リーグ戦 総失点
(1試合平均)
0失点(0点)
最近の試合結果
ホーム 日程 アウェイ ホーム 日程 アウェイ
  03月29日 J2 第7節 群馬 △0-0   03月29日 J2 第7節 岡山 △0-0
J2 第5節 栃木 △0-0 03月18日     03月18日 J2 第5節 山形 △0-0
J2 第1節 山形 ◯2-0 02月23日   J2 第2節 徳島 △0-0 02月29日  
        02月23日 J2 第1節 水戸 ◯2-1
  

twitterで各チームの最新情報をリアルタイムでチェック!

対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗

第857回の対戦カード

名古屋
vs
川崎
G大阪
vs
仙台
浦和
vs
F東京
vs
甲府
広島
vs
鹿島
横浜M
vs
福岡
新潟
vs
湘南
磐田
vs
大宮
神戸
vs
鳥栖
C大阪
vs
札幌
千葉
vs
水戸
山口
vs
北九州
讃岐
vs
愛媛

toto公式サイトで購入する

totoインフォメーション

国内サッカー最新ニュースはこちら

海外サッカー最新ニュースはこちら

  
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。