第857回の対戦カード

名古屋
vs
川崎
G大阪
vs
仙台
浦和
vs
F東京
vs
甲府
広島
vs
鹿島
横浜M
vs
福岡
新潟
vs
湘南
磐田
vs
大宮
神戸
vs
鳥栖
C大阪
vs
札幌
千葉
vs
水戸
山口
vs
北九州
讃岐
vs
愛媛
データを見る
対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗
:ホームチーム/:アウェイチーム
  • スタジアム周辺の天気を見る
  • データを印刷
ホーム アウェイ
横浜M 福岡
J1 2nd第2節 2016年07月09日 19:00キックオフ 日産ス

対戦成績

通算対戦成績
※データは公式サイトの発表に準じています
※天皇杯の成績は含まれておりません
17勝 3分 3勝
最近の対戦成績
ホーム ○ 2 2016/05/18
ニッパツ
1 ● アウェイ
アウェイ △ 1 2016/03/05
レベスタ
1 △ ホーム
アウェイ ○ 1 2011/09/10
レベスタ
0 ● ホーム
ホーム ○ 3 2011/05/07
日産ス
2 ● アウェイ
アウェイ ○ 3 2006/09/16
博多球
1 ● ホーム

toto公式サイトで購入する

チーム・選手情報

予想スタメン
    9   17    
             
11           20
    8   28    
24           13
    5   22    
      1      
4-4-2
1. 榎本 哲也
13. 小林 祐三
22. 中澤 佑二
5. ファビオ
24. 金井 貢史
20. マルティノス
28. 喜田 拓也
8. 中町 公祐
11. 齋藤 学
17. 富樫 敬真
9. カイケ
    27   17    
             
7           10
    4   6    
18           29
    19   20    
      23      
4-4-2
23. イ・ボムヨン
29. 古部 健太
20. キム・ヒョヌン
19. 堤 俊輔
18. 亀川 諒史
10. 城後 寿
6. ダニルソン
4. 三門 雄大
7. 金森 健志
17. ウェリントン
27. 邦本 宜裕
選手情報
[出場微妙] 中村俊輔(0試合・0得点) [出場微妙] なし
[欠場濃厚] なし [欠場濃厚] 中原貴之(0試合・0得点)
[出場停止] なし [出場停止] 濱田水輝(1試合・0得点)
[出場停止リーチ] なし [出場停止リーチ] なし
チーム情報
中村俊輔と下平匠の主力2人をけがで欠いたJ1・2nd第1節の湘南戦は、39分にマルティノスの得点で先制する。その後は、先発に抜擢されたカイケの今季2点目などにより、3-0で快勝。福岡とのホーム戦は、10勝1分と好相性を誇る。 横浜Mから獲得した三門雄大が先発に名を連ねたJ1・2nd第1節の浦和戦は、1-2で逆転負け。相手に退場者が出たため、約70分間、数的有利の立場にいたが、攻守で精彩を欠いた。後半アディショナルタイムに退場処分を受けたDF濱田水輝は今節、出場停止。
プラス・マイナス材料
J1・2nd第1節は湘南との“神奈川ダービー”を3-0で快勝した。4戦ぶりの白星で嫌な雰囲気を一掃。2ndステージ開幕戦を飾り、エリク・モンバエルツ監督も「流れの中で得点できたことは満足している」とうなずく。

その湘南戦では今季初めてフォーメーションを4-4-2でスタートした。前線の人数が増したことで攻撃は強さがアップ。選手たちも概ね好感触を示しており、今節も2トップを継続するだろう。約3カ月ぶりとなる2得点目をマークし、先制ゴールもアシストしたカイケは、表情が明るくなった。ブラジル人ストライカーの2試合連続ゴールを期待したい。湘南戦で痛めた富樫敬真とマルティノスは軽傷か。U-19日本代表で米国遠征帰りの遠藤渓太が合流し、ここまで出番が少ない仲川輝人や前田直輝はサテライトリーグで結果を出すなど、競争は激しくなっている。ただ、両足首痛で離脱している肝心の中村俊輔は、フルメニューを消化しているものの出場は微妙。今季はセットプレーを起点としたゴールが多く、攻撃を操る背番号10の左足を欠くとなると大きなマイナス材料だ。

今節は1stステージで1-1の引き分けに終わった福岡戦。ホームで戦う今回もボールを長く保持する可能性は高く、相手の守備ブロックをどう崩すかが問われる。躍動感を取り戻しそうな攻撃陣がチャンスをきっちり決め、久々の2連勝を飾りたい。(totoONE編集部)
2ndステージも黒星発進と厳しい状況が続く。特にセットプレーからの失点が増えており、対策は急務だ。ブロックを作った状況の守備には手応えを得ているだけに、一発で勝ち点を失いたくない。J1・2nd第1節の浦和戦でも、背後に抜け出した金森健志がPKを獲得して先制したものの、43分にFKで失点。後半、さらにクイックリスタートから失点し、逆転負けを喫した。

今節対戦する横浜Mとは、J1・1st第2節で対戦しているが、その試合でも福岡は先制しながら、後半に中村俊輔の鮮やかなFKでドローに持ち込まれた。セットプレーで集中力を高めることはもちろん、リードした展開でも下がり過ぎず、ボールホルダーへ厳しくプレッシャーをかけてカウンターを狙うなど、主導権を握って試合を運ぶことにも課題が残る。城後寿は、1stステージでの横浜M戦を振り返り、「ほとんど自由にやらせなかったと思うが、最後に一発でやられた。余計なファールをしないこと、ゴール前での集中力を高めることを意識したい」と今節を見据えた。

福岡は横浜Mから三門雄大を獲得したほか、F東京から駒野友一も補強。三門は合流1週間にも関わらず、前節の浦和戦で先発し、攻守に献身的な働きを見せた。「(横浜Mの)良い部分も、嫌がる部分も知っているつもり。嫌がることをやりたい」と三門。カウンターだけでなく、中盤から裏を狙った縦に速いパスで、どれだけ決定機を作れるかがポイントになるだろう。(新甫條利子)

データ

年間データ比較
8位 勝ち点 2 0勝 2分 1敗 今季リーグ戦成績 18位 勝ち点 4 1勝 1分 0敗
ホーム成績 0勝 0分 1敗 今季リーグ戦
ホーム・アウェイ
成績
アウェイ成績 1勝 1分 0敗
118勝46分78敗 スタジアム
通算成績
0勝2分4敗
1得点(0.33点) 今季リーグ戦
総得点
(1試合平均)
1得点(0.5点)
2失点(0.67点) 今季リーグ戦
総失点
(1試合平均)
0失点(0点)
18本 今季リーグ戦
総シュート数
15本
10本 今季リーグ戦
総被シュート数
7本
[0得点]2回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]0回 今季リーグ戦
得点回数
[0得点]1回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]0回
[0失点]2回 [1失点]0回 [2失点]1回 [3失点以上]0回 今季リーグ戦
失点回数
[0失点]2回 [1失点]0回 [2失点]0回 [3失点以上]0回
1得点(0.33点) 最近3試合
リーグ戦 総得点
(1試合平均)
1得点(0.5点)
2失点(0.67点) 最近3試合
リーグ戦 総失点
(1試合平均)
0失点(0点)
最近の試合結果
ホーム 日程 アウェイ ホーム 日程 アウェイ
  03月18日 J1 第5節 清水 △0-0   03月28日 J2 第7節 愛媛 △0-0
  02月29日 J1 第2節 F東京 △0-0   02月23日 J2 第1節 北九州 ◯1-0
J1 第1節 G大阪 ●1-2 02月23日        
ACL 第2節 シドニーFC ◯4-0 02月19日        
  02月12日 ACL 第1節 全北現代モータース ◯2-1      
富士ゼロックススーパー杯 神戸 △3-3 02月08日        
  

twitterで各チームの最新情報をリアルタイムでチェック!

対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗

第857回の対戦カード

名古屋
vs
川崎
G大阪
vs
仙台
浦和
vs
F東京
vs
甲府
広島
vs
鹿島
横浜M
vs
福岡
新潟
vs
湘南
磐田
vs
大宮
神戸
vs
鳥栖
C大阪
vs
札幌
千葉
vs
水戸
山口
vs
北九州
讃岐
vs
愛媛

toto公式サイトで購入する

totoインフォメーション

国内サッカー最新ニュースはこちら

海外サッカー最新ニュースはこちら

  
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。