第857回の対戦カード

名古屋
vs
川崎
G大阪
vs
仙台
浦和
vs
F東京
vs
甲府
広島
vs
鹿島
横浜M
vs
福岡
新潟
vs
湘南
磐田
vs
大宮
神戸
vs
鳥栖
C大阪
vs
札幌
千葉
vs
水戸
山口
vs
北九州
讃岐
vs
愛媛
データを見る
対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗
:ホームチーム/:アウェイチーム
  • スタジアム周辺の天気を見る
  • データを印刷
ホーム アウェイ
F東京 甲府
J1 2nd第2節 2016年07月09日 19:00キックオフ 味スタ

対戦成績

通算対戦成績
※データは公式サイトの発表に準じています
※天皇杯の成績は含まれておりません
13勝 4分 1勝
最近の対戦成績
ホーム ● 0 2019/08/14
中銀スタ
1 ○ アウェイ
アウェイ △ 1 2017/10/15
中銀スタ
1 △ ホーム
ホーム △ 1 2017/05/28
味スタ
1 △ アウェイ
アウェイ △ 1 2016/04/24
中銀スタ
1 △ ホーム
アウェイ ○ 1 2015/08/12
中銀スタ
0 ● ホーム

toto公式サイトで購入する

チーム・選手情報

予想スタメン
    11   16    
             
38           17
    7   37    
2           6
    5   3    
      47      
4-4-2
47. 秋元 陽太
6. 室屋 成
3. 森重 真人
5. 丸山 祐市
2. 徳永 悠平
17. 河野 広貴
37. 橋本 拳人
7. 米本 拓司
38. 東 慶悟
16. ネイサン・バーンズ
11. ムリキ
      13      
             
2           14
    20   23    
16           28
  8   17   41  
      1      
5-4-1
1. 河田 晃兵
28. 橋爪 勇樹
41. 土屋 征夫
17. 津田 琢磨
8. 新井 涼平
16. 松橋 優
23. 稲垣 祥
20. 黒木 聖仁
14. 田中 佑昌
2. 福田 健介
13. 河本 明人
選手情報
[出場微妙] 石川直宏(0試合・0得点) [出場微妙] 保坂一成(0試合・0得点)
山本英臣(0試合・0得点)
ニウソン(0試合・0得点)
[欠場濃厚] なし [欠場濃厚] ビリー・セレスキー(1試合・0得点)
[出場停止] なし [出場停止] なし
[出場停止リーチ] なし [出場停止リーチ] なし
チーム情報
J1・2nd第1節の鳥栖戦は、1-1で迎えた62分に河野広貴が勝ち越し点をマーク。しかし、後半アディショナルタイムに2失点を喫し、2-3で逆転負けした。ムリキが今季2点目を決めたことは好材料だが、終了間際における集中力の欠如や選手間の連係など、課題は多い。 神戸と対戦したJ1・2nd第1節は、0-3で敗戦。シュート数は5本、CKは1本にとどまり、攻撃力不足が露わになった。また、3試合連続で複数失点を喫した守備にも課題を残す。移籍したFWクリスティアーノの代役として、元柏のFWドゥドゥを獲得し、得点力アップを図る。
プラス・マイナス材料
スタートダッシュを目指した2ndステージだが、J1・2nd第1節の鳥栖戦では90分間に渡ってリードを保ちながら、アディショナルタイムに立て続けに失点し、ショッキングな逆転負けを喫した。

城福浩監督は「結果がすべてであり、勝ち点3を失ったことは大きな反省点だが、だからといってすべてが悪かったわけではない。修正すべき点を真摯に受け止めながら、良い点は継続して次に向かいたい」と決意を込める。

特にネイサン・バーンズの突破力を生かしたカウンターが機能し、2得点を奪ったことは、大きなプラス材料と言えるだろう。一方、失点に関しては、「不測の事態が起こった時に、チームとしてどう持ち堪えるか(城福監督)」が修正ポイントに。その改善のためにも、時間帯や状況を考慮したプレーが求められ、ピッチ内での意思統一を高めたい。

先頃、リオデジャネイロ・オリンピックに臨む代表メンバーに中島翔哉と室屋成が選出された。室屋はまだJ1未出場だが、城福監督は「けがから相当な努力をして復帰を果たし、チームにとって心強い存在」と話し、今節はスタメンの可能性も。中島と共に起爆剤としての活躍に期待したい。

今節は、かつて城福監督が指揮を執った甲府との対戦だが、「今は相手対策よりも、仕切り直しができるかどうかがポイント。積み上げてきたものを発揮して、自分たちらしさを取り戻す試合にしたい」と城福監督。何より精神的なダメージを引きずることなく、自信を持って勝利に向かいたい。(totoONE編集部)
開始24分で3失点した甲府と、後半アディショナルタイムに入ってから逆転負けしたF東京。どちらのチームも尾を引きかねない負け方をした直後だけに、早めにダメージを払拭したいところ。

甲府サイドで心強いのは、右ひざの負傷により約2カ月間欠場していた新井涼平の復帰だ。ディフェンスラインでの出場が濃厚で「今年のF東京を見ると、攻撃のやり方は城福(浩)監督が甲府でやっていた時と同じ。前線がムリキとネイサン・バーンズになってからは、その傾向がより顕著になっている。自分にとっては理解しているやり方なので。対応しやすい面もある」と意欲的だ。

ただ、入れ替わるようにして、6日の練習中にビリー・セレスキーが左太もも裏を負傷。しばらく離脱が避けらない模様だ。また、前の試合で尾骨を傷めた松橋優が6日の練習を、右ひざの不安を訴えたチュカが7日の練習を回避し、コンディションは万全ではない。

佐久間悟GM兼監督は「走る、飛び出す、がんばること」を期待して、1トップに河本明人を選択。その河本も「1stステージの対戦では、自分の動き出しを相手が嫌がっていた」と、こちらも士気は高い。

ただ、新井にしても河本にしても、しばらく対外試合から離れており、試合勘や周囲とのコンビネーションについては「やってみないと分からない」(河本)部分がある。しかし、チームは3連敗中だけに「そんなことを言っていられる状況でもない」(新井)のが現実だ。

なお、今週加入が発表されたFWドゥドゥは、すでに練習に合流しているものの、登録の関係で公式戦の出場が可能になるのはJ1・2nd第4節鹿島戦からとのことだ。(totoONE編集部)

データ

年間データ比較
10位 勝ち点 5 1勝 2分 0敗 今季リーグ戦成績 17位 勝ち点 2 0勝 2分 0敗
ホーム成績 0勝 2分 0敗 今季リーグ戦
ホーム・アウェイ
成績
アウェイ成績 0勝 1分 0敗
106勝56分72敗 スタジアム
通算成績
4勝1分3敗
3得点(1点) 今季リーグ戦
総得点
(1試合平均)
0得点(0点)
1失点(0.33点) 今季リーグ戦
総失点
(1試合平均)
0失点(0点)
10本 今季リーグ戦
総シュート数
4本
11本 今季リーグ戦
総被シュート数
5本
[0得点]2回 [1得点]0回 [2得点]0回 [3得点以上]1回 今季リーグ戦
得点回数
[0得点]2回 [1得点]0回 [2得点]0回 [3得点以上]0回
[0失点]2回 [1失点]1回 [2失点]0回 [3失点以上]0回 今季リーグ戦
失点回数
[0失点]2回 [1失点]0回 [2失点]0回 [3失点以上]0回
3得点(1点) 最近3試合
リーグ戦 総得点
(1試合平均)
0得点(0点)
1失点(0.33点) 最近3試合
リーグ戦 総失点
(1試合平均)
0失点(0点)
最近の試合結果
ホーム 日程 アウェイ ホーム 日程 アウェイ
J1 第5節 広島 △0-0 03月18日   J2 第7節 琉球 △0-0 03月29日  
J1 第2節 横浜M △0-0 02月29日     02月23日 J2 第1節 町田 △0-0
  02月23日 J1 第1節 清水 ◯3-1      
ACL 第2節 パース・グローリー ◯1-0 02月18日        
  02月11日 ACL 第1節 蔚山現代 △1-1      
ACL プレーオフ セレス・ネグロス ◯2-0 01月28日        
  

twitterで各チームの最新情報をリアルタイムでチェック!

対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗

第857回の対戦カード

名古屋
vs
川崎
G大阪
vs
仙台
浦和
vs
F東京
vs
甲府
広島
vs
鹿島
横浜M
vs
福岡
新潟
vs
湘南
磐田
vs
大宮
神戸
vs
鳥栖
C大阪
vs
札幌
千葉
vs
水戸
山口
vs
北九州
讃岐
vs
愛媛

toto公式サイトで購入する

totoインフォメーション

国内サッカー最新ニュースはこちら

海外サッカー最新ニュースはこちら

  
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。