第801回の対戦カード

F東京
vs
湘南
横浜M
vs
神戸
広島
vs
川崎
清水
vs
仙台
G大阪
vs
浦和
新潟
vs
松本
鳥栖
vs
名古屋
山形
vs
甲府
磐田
vs
札幌
岡山
vs
金沢
横浜C
vs
京都
福岡
vs
栃木
千葉
vs
大分
データを見る
対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗
:ホームチーム/:アウェイチーム
  • スタジアム周辺の天気を見る
  • データを印刷
ホーム アウェイ
横浜M 神戸
J1 2nd第14節 2015年10月17日 14:00キックオフ 日産ス

対戦成績

通算対戦成績
※データは公式サイトの発表に準じています
※天皇杯の成績は含まれておりません
17勝 12分 9勝
最近の対戦成績
ホーム △ 3 2020/02/08
埼玉
3 △ アウェイ
アウェイ ○ 2 2019/07/20
ノエスタ
0 ● ホーム
ホーム ○ 4 2019/05/18
日産ス
1 ● アウェイ
アウェイ ○ 2 2018/08/26
ノエスタ
0 ● ホーム
アウェイ △ 1 2018/06/09
ノエスタ
1 △ ホーム

チーム・選手情報

予想スタメン
      16      
             
  39   10   29  
    6   28    
23           13
    5   22    
      21      
4-2-3-1
21. 飯倉 大樹
13. 小林 祐三
22. 中澤 佑二
5. ファビオ
23. 下平 匠
28. 喜田 拓也
6. 三門 雄大
29. 天野 純
10. 中村 俊輔
39. アデミウソン
16. 伊藤 翔
      19      
  9       10  
             
31   32   24   6
             
  8   16   5  
      30      
3-4-3
30. 徳重 健太
5. 岩波 拓也
16. チョン・ウヨン
8. 高橋 祥平
6. 高橋 峻希
24. 三原 雅俊
32. 前田 凌佑
31. 安田 理大
10. 二ウトン
19. 渡邉 千真
9. 石津 大介
選手情報
[出場微妙] なし [出場微妙] マルキーニョス(4試合・1得点)
レアンドロ(12試合・4得点)
小川慶治朗(2試合・0得点)
山本海人(12試合・0得点)
増川隆洋(7試合・1得点)
[欠場濃厚] 田口潤人(0試合・0得点)
中町公祐(6試合・0得点)
ラフィーニャ(5試合・1得点)
齋藤学(11試合・5得点)
[欠場濃厚] なし
[出場停止] なし [出場停止] なし
[出場停止リーチ] ラフィーニャ
齋藤学
[出場停止リーチ] なし
チーム情報
豪雨のため中断となっていた天皇杯2回戦の滋賀戦は、73分16秒から再開した。1-1のままスコアは動かず、延長戦へ突入すると95分にアデミウソンが勝ち越しに成功。さらに、104分には伊藤翔が決める。3-1で勝利し、3回戦進出を決めた。神戸とのホーム戦成績は9勝5分4敗で白星が先行している。 鹿島と対戦したナビスコ杯準決勝第2戦は、16分に先制点を奪われるが、21分に渡邉千真が同点弾を挙げる。しかし、後半に入ると3点を奪われて準決勝敗退となった。横浜Mとの今季2度の対戦は、1勝1分の無敗となっている。
プラス・マイナス材料
前節の仙台戦は、3-1で快勝。横浜Mは2度のドローを挟んでリーグ戦6連勝中と好調だ。2ndステージ首位の広島とは残り4試合で勝ち点差が「6」あるが、今後の上位陣は直接対決が多く、差を縮めるチャンスはまだある。チャンピオンシップ出場権獲得の可能性を目指して前を向くだけだ。

懸念されるのは、7日間で公式戦3試合目という過密日程。11日は天皇杯2回戦のMIOびわこ滋賀戦、14日は敵地で同3回戦の大分戦を行ったばかり。途中出場者を含め、メンバーの半数以上が3連戦となりそうだ。

攻撃陣は、右足首負傷でここ数試合ベンチを外れている齋藤学がフルメニューを消化するなど回復したが、復帰は次節以降となる見通し。ラフィーニャもやはり出場は次節以降となりそうだ。ワントップでの起用が見込まれる伊藤翔が、公式戦ここ4試合で3ゴールと当たっているだけに、今節も試合を決める働きを期待したい。

対戦する神戸には、5試合連続で負けがなく、ホーム試合では4勝2分と相性が良いのはプラス情報。また、今季もリーグ戦全試合フル出場中のベテラン中澤佑二は、この試合で史上4人目となるJ1通算500試合出場を達成する。節目のゲームを勝利で飾りたい。(totoONE編集部)
J1リーグ戦では今季初の4連敗。気がつけば、J1残留争い中の16位松本との勝ち点差が「5」となり、下を気にしなければいけない状況になってきた。さらに、リーグ戦中断期間中に行われたナビスコ杯でも準決勝で敗退。しかも、リーグ戦からナビスコ杯にかけての鹿島との3連戦で3連敗と、悔しさにまみれただけでなく、悲願のタイトルに最も近いカップ戦を失ったことは、チームに大きなショックを与えた。

それでも、中2日で行われた14日の天皇杯3回戦では、苦しみながらも千葉を1-0で下し、公式戦7試合ぶりの勝利を達成。この試合をきっかけにして、リーグ戦ラスト4試合、そして天皇杯への弾みにしていきたいものだ。

現在は、レアンドロ、小川慶治朗、山本海人、増川隆洋ら、負傷による別メニュー調整組が再び多数いるという厳しい台所事情だが、けがから復帰した渡邉千真は公式戦2試合連続ゴール中。今季の攻撃の要となっている19番の活躍は頼もしい。今節は、渡邉がかつて在籍していた横浜Mとの対戦でもあるだけに、ナビスコ杯予選リーグでも見せた、古巣対決での恩返し弾にも期待が懸かる。また、ナビスコ杯準決勝では、前田凌佑、増山朝陽といった若手の活躍が目立っていただけに、彼らのさらなる台頭で、チームを活気づけたいものだ。

横浜Mには今季1勝1分。2007年以来となる日産スタジアムでのリーグ戦勝利を目指す。(totoONE編集部)

データ

年間データ比較
7位 勝ち点 0 0勝 0分 1敗 今季リーグ戦成績 13位 勝ち点 1 0勝 1分 0敗
ホーム成績 0勝 0分 1敗 今季リーグ戦
ホーム・アウェイ
成績
アウェイ成績 0勝 0分 0敗
116勝43分73敗 スタジアム
通算成績
3勝2分5敗
1得点(1点) 今季リーグ戦
総得点
(1試合平均)
1得点(1点)
2失点(2点) 今季リーグ戦
総失点
(1試合平均)
1失点(1点)
0本 今季リーグ戦
総シュート数
0本
0本 今季リーグ戦
総被シュート数
0本
[0得点]0回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]0回 今季リーグ戦
得点回数
[0得点]0回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]0回
[0失点]0回 [1失点]0回 [2失点]1回 [3失点以上]0回 今季リーグ戦
失点回数
[0失点]0回 [1失点]1回 [2失点]0回 [3失点以上]0回
1得点(1点) 最近3試合
リーグ戦 総得点
(1試合平均)
1得点(1点)
2失点(2点) 最近3試合
リーグ戦 総失点
(1試合平均)
1失点(1点)
最近の試合結果
ホーム 日程 アウェイ ホーム 日程 アウェイ
J1 第1節 G大阪 ●1-2 02月23日   J1 第1節 横浜C △1-1 02月23日  
ACL 第2節 シドニーFC ◯4-0 02月19日     02月19日 ACL 第2節 水原三星ブルーウィングス ◯1-0
  02月12日 ACL 第1節 全北現代モータース ◯2-1 ACL 第1節 ジョホール・ダルル・タクジム ◯5-1 02月12日  
富士ゼロックススーパー杯 神戸 △3-3 02月08日     02月08日 富士ゼロックススーパー杯 横浜M △3-3
      天皇杯 決勝 鹿島 ◯2-0 01月01日  
  

twitterで各チームの最新情報をリアルタイムでチェック!

対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗

第801回の対戦カード

F東京
vs
湘南
横浜M
vs
神戸
広島
vs
川崎
清水
vs
仙台
G大阪
vs
浦和
新潟
vs
松本
鳥栖
vs
名古屋
山形
vs
甲府
磐田
vs
札幌
岡山
vs
金沢
横浜C
vs
京都
福岡
vs
栃木
千葉
vs
大分

toto公式サイトで購入する

totoインフォメーション

国内サッカー最新ニュースはこちら

海外サッカー最新ニュースはこちら

  
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。