第731回の対戦カード

千葉
vs
磐田
名古屋
vs
F東京
C大阪
vs
甲府
川崎
vs
清水
広島
vs
大宮
G大阪
vs
仙台

vs
徳島
新潟
vs
鹿島
鳥栖
vs
神戸
福岡
vs
松本
富山
vs
栃木
岐阜
vs
大分
愛媛
vs
長崎
データを見る
対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗
:ホームチーム/:アウェイチーム
  • スタジアム周辺の天気を見る
  • データを印刷
ホーム アウェイ
G大阪 仙台
J1 第31節 2014年11月02日 13:00キックオフ 万博

対戦成績

通算対戦成績
※データは Jリーグ 公式サイトの情報に準じています
※天皇杯の成績は含まれておりません
5勝 3分 4勝
最近の対戦成績
ホーム ● 0 2020/11/14
パナスタ
4 ○ アウェイ
アウェイ ○ 4 2020/09/05
ユアスタ
1 ● ホーム
ホーム ○ 2 2019/11/23
パナスタ
0 ● アウェイ
アウェイ ● 1 2019/04/28
ユアスタ
2 ○ ホーム
アウェイ ● 1 2018/08/19
ユアスタ
2 ○ ホーム

toto公式サイトで購入する

チーム・選手情報

予想スタメン
    39   29    
             
19           11
    15   7    
22           14
    5   8    
      1      
4-4-2
1. 東口 順昭
14. 米倉 恒貴
8. 岩下 敬輔
5. 丹羽 大輝
22. オ・ジェソク
11. 倉田 秋
7. 遠藤 保仁
15. 今野 泰幸
19. 大森 晃太郎
29. パトリック
39. 宇佐美 貴史
    24   19    
             
8           11
    10   17    
5           25
    29   2    
      21      
4-4-2
21. 関 憲太郎
25. 菅井 直樹
2. 鎌田 次郎
29. 上本 大海
5. 石川 直樹
11. 太田 吉彰
17. 富田 晋伍
10. リャン・ヨンギ
8. 野沢 拓也
19. 武藤 雄樹
24. 赤嶺 真吾
選手情報
[出場微妙] 西野貴治 [出場微妙] 蜂須賀孝治、石川大徳
[欠場濃厚] なし [欠場濃厚] ウイルソン
[出場停止] なし [出場停止] なし
[出場停止リーチ] 米倉恒貴、パトリック [出場停止リーチ] 石川直樹
チーム情報
J1第30節のF東京戦は大森晃太郎、遠藤保仁のゴールで2点のリードを得ると、その後はF東京の反撃を1点に抑えて2-1で勝利。首位浦和との勝ち点差を3に縮めている。仙台には通算対戦成績(5勝3分4敗)、ホーム戦成績(2勝2分1敗)ともに勝ち越し。 第30節は柏と対戦。1点ビハインドで迎えた前半終盤に武藤雄樹の得点で同点とするが、逆転ゴールを奪えずにいると、後半終了間際に勝ち越し点を献上し、1-2で敗れた。G大阪とは今季2度対戦し、1勝1分と負けていない。
プラス・マイナス材料
第29節の柏戦を落とし、連勝が7でストップしたG大阪だが、F東京戦では岩下敬輔を出場停止で欠きながらも2-1で粘り勝ち。嫌な雰囲気を一掃したばかりか、浦和との勝ち点差も3に縮めた。「目の前の1試合を考えるだけ」と長谷川健太監督の姿勢はぶれていないが、今節の結果次第で首位に浮上する可能性もある。
セットプレーでの得点が多い仙台だけに、対人で強さを見せる岩下の復帰は好材料の一つ。丹羽大輝との連係も完璧に近く、大崩れはないはずだ。ただ、チームはここ2試合連続で相手のサイド攻撃に後手を踏み、失点を喫している。動き出しに秀でる仙台FWをいかに封じるかもポイントになるだろう。また、もう一つの懸念材料がパトリックと米倉恒貴に出場停止の危機が迫っていること。いずれも累積警告は3枚で、次節の首位決戦で出場停止となるのは避けたいと腰が引けるようなら、チーム全体の守備に綻びが見えるかもしれない。
必勝が義務付けられる仙台戦だが、必要なのは得点だ。前節は大森晃太郎と遠藤保仁の得点で勝ちきっているが、やや低調なパフォーマンスが続いていた宇佐美貴史もキレのあるドリブルを披露。得点の匂いが漂い出している。
優勝争いを知る選手が少ない今のチームだけに、首位浮上の可能性を過度に意識しないことも勝負のポイントになるだろう。(totoONE編集部)
柏戦では1度は追いつきながら、後半のアディショナルタイムにFKから失点。悔しい形で黒星を喫した。残留争いを抜け出して上を目指すためにも、強敵と相見える今節は勝ち点3が欲しいところだ。
今節の相手は優勝争いの渦中にあるG大阪。強敵ということだけでなく、今季の仙台が苦手としている敵地での戦いとなる。今季のアウェイ戦で最後に勝ったのは、5月に行われた第13節のC大阪戦にまで遡る。厳しい試合となるが、前節の戦い方に修正を施したうえでこの試合に臨みたい。
まず必要なのは、前節も2失点を喫したセットプレーの守備を修正すること。そしてウイルソンが不在のなか、攻撃陣が奮起することだ。前節に先発して、同点ゴールを決めた武藤雄樹は「チームを勝利に導くゴールを取らなければいけない。チャンスを作れたなら1点で満足せず、2点、3点と確実にモノにしないと」と意気込んでいる。プロ入り後初めての2試合連続得点に期待したい。
G大阪とは今季すでに公式戦で2度対戦。第3節では0-0で引き分け、ナビスコ杯では1-0で勝利している。両チームの状況は当時と異なる点が多いが、仙台にとってポジティブなイメージを持って臨めることは確かだ。10月27日の練習試合において、これまで控えだった選手が奮起したこともチーム全体にとって良い刺激となっている。総力戦で勝ち点3をもぎ取りたい一戦だ。(板垣晴朗)

データ

年間データ比較
2位 勝ち点 6 1勝 3分 2敗 今季リーグ戦成績 14位 勝ち点 3 0勝 3分 6敗
ホーム成績 0勝 2分 0敗 今季リーグ戦
ホーム・アウェイ
成績
アウェイ成績 0勝 2分 4敗
191勝50分110敗 スタジアム
通算成績
0勝2分1敗
1得点(0.17点) 今季リーグ戦
総得点
(1試合平均)
6得点(0.67点)
2失点(0.33点) 今季リーグ戦
総失点
(1試合平均)
21失点(2.33点)
41本 今季リーグ戦
総シュート数
72本
62本 今季リーグ戦
総被シュート数
99本
[0得点]5回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]0回 今季リーグ戦
得点回数
[0得点]4回 [1得点]4回 [2得点]1回 [3得点以上]0回
[0失点]4回 [1失点]2回 [2失点]0回 [3失点以上]0回 今季リーグ戦
失点回数
[0失点]1回 [1失点]2回 [2失点]3回 [3失点以上]3回
1得点(0.33点) 最近3試合
リーグ戦 総得点
(1試合平均)
2得点(0.67点)
1失点(0.33点) 最近3試合
リーグ戦 総失点
(1試合平均)
3失点(1点)
最近の試合結果
ホーム 日程 アウェイ ホーム 日程 アウェイ
J1 第10節 清水 △0-0 04月18日     04月21日 ルヴァン杯 第3節 広島 ◯1-0
  04月14日 J1 第18節 鳥栖 ◯1-0   04月17日 J1 第10節 横浜C △2-2
  04月11日 J1 第9節 柏 ●0-1 J1 第9節 横浜M △0-0 04月11日  
J1 第8節 福岡 △0-0 04月07日     04月07日 J1 第8節 徳島 ●0-1
  04月03日 J1 第7節 広島 △0-0 J1 第7節 神戸 ●0-2 04月03日  
  02月27日 J1 第1節 神戸 ●0-1 ルヴァン杯 第2節 清水 ●0-1 03月27日  
  02月20日 ゼロックス杯 川崎 ●2-3   03月21日 J1 第6節 F東京 ●1-2
  01月01日 天皇杯 決勝 川崎 ●0-1   03月13日 J1 第4節 湘南 ●1-3
        03月10日 J1 第3節 鳥栖 ●0-5
      J1 第2節 川崎 ●1-5 03月06日  
        03月03日 ルヴァン杯 第1節 横浜M ●0-1
        02月27日 J1 第1節 広島 △1-1
  

twitterで各チームの最新情報をリアルタイムでチェック!

対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗

第731回の対戦カード

千葉
vs
磐田
名古屋
vs
F東京
C大阪
vs
甲府
川崎
vs
清水
広島
vs
大宮
G大阪
vs
仙台

vs
徳島
新潟
vs
鹿島
鳥栖
vs
神戸
福岡
vs
松本
富山
vs
栃木
岐阜
vs
大分
愛媛
vs
長崎

toto公式サイトで購入する

totoインフォメーション

国内サッカー最新ニュースはこちら

海外サッカー最新ニュースはこちら

  
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。