第725回の対戦カード

千葉
vs
福岡
鹿島
vs
G大阪
清水
vs
C大阪
神戸
vs
名古屋
鳥栖
vs
横浜M
新潟
vs
川崎
浦和
vs
徳島
仙台
vs
F東京

vs
広島
甲府
vs
大宮
岐阜
vs
山形
水戸
vs
札幌
北九州
vs
富山
データを見る
対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗
:ホームチーム/:アウェイチーム
  • スタジアム周辺の天気を見る
  • データを印刷
ホーム アウェイ
浦和 徳島
J1 第27節 2014年10月05日 14:00キックオフ 埼玉

対戦成績

通算対戦成績
※データは公式サイトの発表に準じています
※天皇杯の成績は含まれておりません
2勝 0分 0勝
最近の対戦成績
アウェイ ○ 2 2014/07/23
鳴門大塚
0 ● ホーム
ホーム ○ 4 2014/04/16
埼玉
3 ● アウェイ
ホーム ○ 2 2010/10/11
駒場
0 ● アウェイ

toto公式サイトで購入する

チーム・選手情報

予想スタメン
      30      
             
    8   20    
3   22   13   14
             
  5   4   46  
      21      
3-4-2-1
21. 西川 周作
46. 森脇 良太
4. 那須 大亮
5. 槙野 智章
14. 平川 忠亮
13. 鈴木 啓太
22. 阿部 勇樹
3. 宇賀神 友弥
20. 李 忠成
8. 柏木 陽介
30. 興梠 慎三
      13      
  11       25  
             
3   33   14   20
             
  4   2   35  
      31      
3-4-3
31. 長谷川 徹
35. 村松 大輔
2. 福元 洋平
4. 藤原 広太朗
20. 大﨑 淳矢
14. 濱田 武
33. エステバン
3. アレックス
25. 佐々木 一輝
13. 高崎 寛之
11. 津田 知宏
選手情報
[出場微妙] なし [出場微妙] アドリアーノ
[欠場濃厚] なし [欠場濃厚] 花井聖、ソン・セファン
[出場停止] なし [出場停止] 斉藤大介
[出場停止リーチ] 柏木陽介、森脇良太 [出場停止リーチ] 大崎淳矢、長谷川徹
チーム情報
C大阪とのアウェイ戦となったJ1第26節は、68分に先制点を献上。その後の攻勢も実らず、降格圏に沈む相手に手痛い黒星を喫した。今節で対戦する徳島とは今季2度対戦し、いずれも勝利。1日時点での投票率でも85%の支持を集めて優位と見られている。
欠場:関根貴大(U-19日本代表)
第26節の鹿島戦は0-5で大敗。リーグ戦5連敗となった。8試合を残してJ1残留圏内である15位との勝ち点差は14に開き、非常に厳しい状況。今節は首位を走る浦和とのアウェイ戦ということもあり、前評判では不利との見方が強い。
欠場:リ・ヨンジ(北朝鮮代表)
プラス・マイナス材料
浦和は前節、C大阪に0-1で敗れて連勝が4でストップ。5月10日の第13節大宮戦から続いていた連続得点も13試合で止まってしまった。もっとも、森脇良太が「負けた現実は受け止めないといけないけど、悲観する必要もないと思っている」と話したように、内容的に大きな問題点が噴出したわけではない。C大阪のプレスに手を焼いた場面もあったが、持ち味のパスワークで巧みにかわすシーンも見られ、手詰まりにはなっていなかった。意図を持った攻撃から決定機を作ることもできていて、あとは決めるかどうかというところまで持っていけていた。
ただ、一部選手たちの動きにキレがなく、普段よりプレー精度が落ちていたのは気になる点。それは運動量を前提とする現在のサッカーを1週間で3試合行った影響なのか、それともリーグ終盤戦に入って勤続疲労が出始めたのか。今週、浦和は2日間のオフを設け、選手たちをリフレッシュさせた。徳島戦はC大阪戦から中7日。この試合は選手たちのコンディションがどういう状態なのかを見る一戦にもなる。
リーグタイトルを狙う浦和としては、下位に沈む徳島から勝ち星を取りこぼすわけにはいかない。ライバルたちは背中を追いかけてきている。ただ、そういった状況がプレッシャーとなって、入れ込み過ぎてしまうと危険だ。勝利を目指しつつも、冷静にバランスを考えて戦うメンタルマネジメントが求められる。(神谷正明)
前節は鹿島に0-5で大敗。残留に向けて1つも落とせない中で5連敗を喫してしまった。攻撃面では5試合連続無得点、守備面ではミス絡みを含めて大量失点と、山場にきて攻守ともに結果を出せずにいる。
しかし、前節は明るい話題もあった。右足舟状骨疲労骨折で戦列を離脱していた橋内優也が途中出場ながら約4カ月ぶりに復帰し、復調をアピールした。ここ数試合、出場機会のなかった衛藤裕も途中出場すると、積極的に前線からプレッシャーをかけ、コンディションの良さを感じさせた。今節は斉藤大介が累積警告で出場停止だが、けがやコンディション不良から戻ってきた選手たちの活躍に期待がかかる。
目標達成のためには、首位争いをする浦和相手とはいえ勝ち点3が必須。残りは8試合となり、引き分けでも勝ち点が足らないだけに、攻守ともに締まりのある戦いをすることがある。プレッシャーのかかる状況ではあるが、重圧を良いモチベーションに切り替えて挑むことができれば可能性は大いにある。それを示すように、鹿島戦翌日に行われた広島との練習試合は2-0で快勝。公式戦ではないものの、結果から遠ざかっていたチームにとっては、無失点かつ複数得点で勝利できたことは大きな収穫となった。
是が非でも勝ち点3を手にして、少しでも可能性を広げたい。(totoONE編集部)

データ

年間データ比較
1位 勝ち点 4 1勝 1分 0敗 今季リーグ戦成績 18位 勝ち点 4 1勝 1分 1敗
ホーム成績 0勝 1分 0敗 今季リーグ戦
ホーム・アウェイ
成績
アウェイ成績 0勝 0分 1敗
97勝41分46敗 スタジアム
通算成績
3得点(1.5点) 今季リーグ戦
総得点
(1試合平均)
7得点(2.33点)
2失点(1点) 今季リーグ戦
総失点
(1試合平均)
5失点(1.67点)
19本 今季リーグ戦
総シュート数
35本
23本 今季リーグ戦
総被シュート数
27本
[0得点]1回 [1得点]0回 [2得点]0回 [3得点以上]1回 今季リーグ戦
得点回数
[0得点]0回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]2回
[0失点]1回 [1失点]0回 [2失点]1回 [3失点以上]0回 今季リーグ戦
失点回数
[0失点]1回 [1失点]1回 [2失点]0回 [3失点以上]1回
3得点(1.5点) 最近3試合
リーグ戦 総得点
(1試合平均)
7得点(2.33点)
2失点(1点) 最近3試合
リーグ戦 総失点
(1試合平均)
5失点(1.67点)
最近の試合結果
ホーム 日程 アウェイ ホーム 日程 アウェイ
J1 第2節 横浜M △0-0 07月04日   J2 第3節 京都 △1-1 07月04日  
  02月21日 J1 第1節 湘南 ◯3-2   06月27日 J2 第2節 愛媛 ●3-4
ルヴァン杯 第1節 仙台 ◯5-2 02月16日   J2 第1節 東京V ◯3-0 02月23日  
  

twitterで各チームの最新情報をリアルタイムでチェック!

対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗

第725回の対戦カード

千葉
vs
福岡
鹿島
vs
G大阪
清水
vs
C大阪
神戸
vs
名古屋
鳥栖
vs
横浜M
新潟
vs
川崎
浦和
vs
徳島
仙台
vs
F東京

vs
広島
甲府
vs
大宮
岐阜
vs
山形
水戸
vs
札幌
北九州
vs
富山

toto公式サイトで購入する

totoインフォメーション

国内サッカー最新ニュースはこちら

海外サッカー最新ニュースはこちら

  
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。