第1154回の対戦カード

仙台
vs
名古屋
C大阪
vs
大分
清水
vs
F東京
横浜M
vs
G大阪
広島
vs
鹿島

vs
札幌
川崎
vs
鳥栖
神戸
vs
横浜C
愛媛
vs
松本
北九州
vs
福岡
群馬
vs
新潟
水戸
vs
大宮
岡山
vs
金沢
データを見る
対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗
:ホームチーム/:アウェイチーム
  • スタジアム周辺の天気を見る
  • データを印刷
ホーム アウェイ
横浜M G大阪
J1 第1節 2020年02月23日 14:00キックオフ 日産ス

対戦成績

通算対戦成績
※データは公式サイトの発表に準じています
※天皇杯の成績は含まれておりません
37勝 14分 24勝
最近の対戦成績
ホーム ○ 3 2019/08/31
ニッパツ
1 ● アウェイ
アウェイ ○ 3 2019/02/23
パナスタ
2 ● ホーム
アウェイ ● 1 2018/10/20
吹田S
2 ○ ホーム
ホーム ○ 3 2018/09/09
日産ス
1 ● アウェイ
アウェイ ○ 4 2018/09/05
吹田S
0 ● ホーム

チーム・選手情報

予想スタメン
      45      
11           23
      9      
    6   8    
5           27
    15   13    
      1      
4-3-3
1. 朴一圭
27. 松原健
13. チアゴ・マルチンス
15. 伊藤槙人
5. ティーラトン
8. 喜田拓也
9. M・ジュニオール
6. 扇原貴宏
23. 仲川輝人
45. オナイウ阿道
11. 遠藤渓太
    33   39    
             
    21   10    
4           8
      7      
  19   5   13  
      1      
3-5-2
1. 東口順昭
13. 菅沼駿哉
5. 三浦弦太
19. キム・ヨングォン
8. 小野瀬康介
10. 倉田秋
7. 遠藤保仁
21. 矢島慎也
4. 藤春廣輝
39. 渡邉千真
33. 宇佐美貴史
選手情報
[出場微妙] なし [出場微妙] DF 高尾瑠(0試合・0得点)
FW 小野裕二(0試合・0得点)
[欠場濃厚] なし [欠場濃厚] DF 昌子源(0試合・0得点)
FW アデミウソン(0試合・0得点)
[出場停止] なし [出場停止] なし
[上位スコアラー(3名)] なし [上位スコアラー(3名)] なし
チーム情報
昨季のJ1を制したチームは、シーズンオフに実力者の補強に成功した。中盤にMF水沼宏太を獲得して質と量をプラス。リーグ戦10得点のFWオナイウ阿道を加えた前線は、昨季以上に迫力を増している。DFティーラトンやDFチアゴ・マルチンス、FWエジガル・ジュニオら優勝に貢献した外国籍選手も残留し、陣容に隙らしい隙は見当たらない。リーグ連覇を成し遂げ得る戦力を引っ提げて、開幕戦に臨む。 シーズンオフの補強で目を引くのは、守備陣に加わったDF昌子源。Jでも屈指の実績を誇るセンターバックをトゥールーズから獲得したことで、最終ラインの安定感は格段に増すだろう。しかし、その昌子はコンデションが整わず、開幕戦の出場は難しそうだ。FWアデミウソンも同じく欠場の可能性が高そうで、攻守のキーマンを欠いた状態で昨季王者と戦うことになれば、苦戦は避けられそうにない。
プラス・マイナス材料
【プラス材料】
昨季終盤から5連勝中と好相性を誇るホームゲームで開幕戦を迎える。

対戦相手のG大阪とは昨季のリーグ戦で2戦2勝。いずれの試合も3得点と、自慢の攻撃陣が威力を発揮した。この一戦に向かう行程もポジティブな要素が多い。公式戦開幕となった「FUJI XEROX SUPER CUP」の神戸戦こそPK戦の末に敗れたが、その後のACLは2連勝と波に乗っている。特に19日のシドニーFC戦ではFW仲川輝人とFWオナイウ阿道がそれぞれ2得点を挙げ、4-0の快勝を収めた。昨季MVPの目覚めと新加入ストライカーの得点は、チームに勢いをもたらすこと間違いなしだ。

思い返せば昨季の開幕戦でもG大阪と対戦し、3-2で勝利して優勝への道を歩んだ。今季もその再現なるか、期待が膨らむ2020シーズンの開幕戦だ。

【マイナス材料】
唯一にして最大の不安材料は、日本代表DF畠中槙之輔の不在だろう。プレシーズンキャンプ中の負傷で別メニュー調整が続いたが、「FUJI XEROX SUPER CUP」で復帰。ACL第1節の全北現代戦にもフル出場した。しかし、その後の練習で再離脱しており、この開幕戦に出場する可能性は低い。

昨季リーグ戦でフルタイム出場した守備の軸を欠くのは大きな痛手で、代役のDF伊藤槙人は連係面に不安を残す。特に、MF小野瀬康介には対戦したリーグ戦で3試合連続ゴールを許しており、今節も注意が必要だ。攻撃陣は好調なだけに、守備陣の奮闘が結果を大きく左右する一戦となる。

文:totoONE編集部
【プラス材料】
ルヴァン杯開幕戦で柏に敗れて黒星発進。後半は理想的にボールが動き、チャンスを数多く作り出したが、前半の失点を取り返すには至らなかった。それを踏まえ、後半に流れを引き寄せるきっかけとなったMF遠藤保仁を先発に、MF小野瀬康介を本来の右ウイングバックに据えている。

近年は『脱・遠藤』の戦いを模索しているのがうかがえるが、結果的に遠藤不在では攻撃が立ち行かなくなる印象も強い。この時期は結果が自信をもたらすと考えても、昨季終盤の形で戦いを進めるほうが得策にも思えるが……。

朗報は、けがで離脱していたFWアデミウソンとFW小野裕二が水曜日からチームに合流したこと。月曜日の練習試合に出場していなかったため先発はないかもしれないが、ベンチ入りの可能性は高い。

【マイナス材料】
今季の始動から取り組んでいるハイプレスは、柏戦の前半ははまらなかった印象が強い。策士として知られる柏のネルシーニョ監督がカウンターを徹底させたこともあるが、気になったのは理想のサッカーがはまらなかった時に戦い方を変化させたり、ポジショニングを変えて試合を動かす選手がいなかったこと。忠実にポジションを守ろうとして、逆に自分たちの首を絞めている印象さえ受けた。

『遠藤のいる時・いない時』の差がそこにある。後半に動きを見出せたのは、アンカーに入った遠藤が後ろに留まるばかりでなく、あえてポジションを壊して動くことで相手に揺さぶりをかけられるようになったことも一因だ。チームとして、そうした臨機応変な対応を見出せるようになることは今後の課題だろう。

文:totoONE編集部

データ

年間データ比較
勝ち点 2 0勝 2分 1敗 今季リーグ戦成績 勝ち点 5 1勝 2分 0敗
ホーム成績 0勝 0分 1敗 今季リーグ戦
ホーム・アウェイ
成績
アウェイ成績 1勝 1分 0敗
137勝62分89敗 スタジアム
通算成績
3勝6分8敗
1得点(0.33点) 今季リーグ戦
総得点
(1試合平均)
2得点(0.67点)
2失点(0.67点) 今季リーグ戦
総失点
(1試合平均)
1失点(0.33点)
18本 今季リーグ戦
総シュート数
10本
10本 今季リーグ戦
総被シュート数
18本
[0得点]2回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]0回 今季リーグ戦
得点回数
[0得点]2回 [1得点]0回 [2得点]1回 [3得点以上]0回
[0失点]2回 [1失点]0回 [2失点]1回 [3失点以上]0回 今季リーグ戦
失点回数
[0失点]2回 [1失点]1回 [2失点]0回 [3失点以上]0回
1得点(0.33点) 最近3試合
リーグ戦 総得点
(1試合平均)
2得点(0.67点)
2失点(0.67点) 最近3試合
リーグ戦 総失点
(1試合平均)
1失点(0.33点)
最近の試合結果
ホーム 日程 アウェイ ホーム 日程 アウェイ
  03月18日 J1 第5節 清水 △0-0   03月18日 J1 第5節 大分 △0-0
  02月29日 J1 第2節 F東京 △0-0 ルヴァン杯 第3節 湘南 △0-0 03月04日  
ACL 第2節 シドニーFC ◯4-0 02月19日   J1 第2節 仙台 △0-0 03月01日  
  02月12日 ACL 第1節 全北現代モータース ◯2-1 ルヴァン杯 第1節 柏 ●0-1 02月16日  
富士ゼロックススーパー杯 神戸 △3-3 02月08日        
  

twitterで各チームの最新情報をリアルタイムでチェック!

対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗

第1154回の対戦カード

仙台
vs
名古屋
C大阪
vs
大分
清水
vs
F東京
横浜M
vs
G大阪
広島
vs
鹿島

vs
札幌
川崎
vs
鳥栖
神戸
vs
横浜C
愛媛
vs
松本
北九州
vs
福岡
群馬
vs
新潟
水戸
vs
大宮
岡山
vs
金沢

totoインフォメーション

国内サッカー最新ニュースはこちら

海外サッカー最新ニュースはこちら

  
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。