第1154回の対戦カード

仙台
vs
名古屋
C大阪
vs
大分
清水
vs
F東京
横浜M
vs
G大阪
広島
vs
鹿島

vs
札幌
川崎
vs
鳥栖
神戸
vs
横浜C
愛媛
vs
松本
北九州
vs
福岡
群馬
vs
新潟
水戸
vs
大宮
岡山
vs
金沢
データを見る
対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗
:ホームチーム/:アウェイチーム
  • スタジアム周辺の天気を見る
  • データを印刷
ホーム アウェイ
清水 F東京
J1 第1節 2020年02月23日 13:00キックオフ アイスタ

対戦成績

通算対戦成績
※データは公式サイトの発表に準じています
※天皇杯の成績は含まれておりません
16勝 11分 22勝
最近の対戦成績
ホーム ● 0 2019/07/20
アイスタ
2 ○ アウェイ
アウェイ ● 1 2019/04/06
味スタ
2 ○ ホーム
アウェイ ○ 2 2018/09/29
味スタ
0 ● ホーム
ホーム ● 0 2018/04/21
アイスタ
1 ○ アウェイ
アウェイ △ 0 2017/10/29
味スタ
0 △ ホーム

チーム・選手情報

予想スタメン
      14      
16           30
      11      
    6   28    
8           21
    2   5    
      32      
4-3-3
32. ネト・ヴォルピ
21. 奥井諒
5. ヴァウド
2. 立田悠悟
8. 石毛秀樹
28. 西村恭史
11. J・ドゥトラ
6. 竹内涼
30. 金子翔太
14. 後藤優介
16. 西澤健太
      15      
20           9
    31   8    
      18      
6           2
    3   4    
      33      
4-3-3
33. 林彰洋
2. 室屋成
4. 渡辺剛
3. 森重真人
6. 小川諒也
8. 髙萩洋次郎
18. 橋本拳人
31. 安部柊斗
9. D・オリヴェイラ
15. アダイウトン
20. レアンドロ
選手情報
[出場微妙] DF 吉本一謙(0試合・0得点)
DF エウシーニョ(0試合・0得点)
[出場微妙] なし
[欠場濃厚] GK 大久保択生(0試合・0得点)
DF 岡崎慎(0試合・0得点)…契約条項のため
MF ヘナト・アウグスト(0試合・0得点)
[欠場濃厚] MF 東慶悟(0試合・0得点)
MF 内田宅哉(0試合・0得点)
FW 永井謙佑(0試合・0得点)
[出場停止] なし [出場停止] なし
[上位スコアラー(3名)] なし [上位スコアラー(3名)] なし
チーム情報
左サイドバックのレギュラーだったDF松原后がベルギーに活躍の場を求めた。だが、同ポジションに名古屋からDF金井貢史を獲得して即座に穴埋めを完了。他にもJでの実績があるFWティーラシン・デーンダーなど、楽しみな新戦力が多い。一方、MFヘナト・アウグストとGK大久保択生を負傷で起用できないのは痛手か。F東京から期限付きで加入したDF岡崎慎は契約条項により、この一戦に出場できない。 優勝争いを繰り広げた昨季のチームをさらにパワーアップさせるべく、積極補強を敢行。神戸からDFジョアン・オマリ、鹿島から期限付き移籍でMFレアンドロ、磐田からMFアダイウトンと実力者を獲得している。しかし、開幕前に心配なニュースが飛び込んできた。8日の練習中にMF東慶悟が左目を負傷したため、開幕戦に間に合わない可能性も。ゲームメイカーの欠場は大きなマイナス材料と言える。
プラス・マイナス材料
【プラス材料】
今季初の公式戦となった先週のルヴァン杯川崎戦に1-5で敗戦。決して楽観的な状況ではないが、新しいサッカーの片鱗が見えた時間帯もあり、1得点は練習してきた形が表われた良質なゴールだった。

自分たちがやろうとしているサッカーができた際には、優勝候補の川崎とも十分戦えるという感触を選手たちが得られたことが、この試合の最大の収穫だ。

新加入のGKネト・ヴォルピはセービングの面でもビルドアップの面でも高い能力を示し、左サイドバックにコンバートされたMF石毛秀樹も長期離脱からの復帰戦でいきなりゴールを決めるなど、好パフォーマンスを披露。その他の選手たちも前向きに新しいスタイルへの挑戦を続けており、自分たちの可能性を信じて戦い方を貫くという意志はむしろ強化されている。

【マイナス材料】
最大のマイナス材料は、まだ戦術的な完成度が低いこと。

川崎戦では悪い形でボールを失い、ウィークポイントのサイドバックの裏を突かれるシーンが目立った。F東京もシステムを4-3-3に変更して両サイドにウイングがいるため、それを生かしたカウンター攻撃を狙ってくるはず。その意味でも危険な形でのボールロストを減らすことが喫緊の課題となる。また、ディフェンスラインを高く保つためのラインコントロールも足並みが揃わず、簡単に裏を取られがちだ。

攻撃に関しては、選手同士が良い距離感を保ってパスをつなぎながら相手ゴールに迫っていく、という狙いを表現できている時間がまだ少ない。攻撃時の距離感が悪いと、ボールを奪われた際の守備への切り替えも遅れやすいので、ピンチを減らす意味でもポゼッションの質は重要になる。

文:totoONE編集部
【プラス材料】
長谷川健太監督が率いて3年目。今季はさらなる得点力アップを目指し、4-3-3のシステムにチャレンジしている。始動後間もない1月28日にACLプレーオフを戦い、その後のグループステージもすでに2試合を消化(1勝1分)。チームとしての課題が浮き彫りになったことも含め、アジアでの真剣勝負の経験はそれだけでアドバンテージと言えるだろう。

その中でも新加入選手が存在感を発揮している。FWディエゴ・オリヴェイラに加え、MFアダイウトン、MFレアンドロが加入後初ゴールをマークするなど、前線の軸としてかかる期待は大きい。大卒ルーキーのMF安部柊斗もここまで全試合に先発出場。MF紺野和也も途中出場で流れを変える活躍を見せている。

チームの成熟にはまだ時間が必要だが、それをカバーするだけの個の力は際立っている。

【マイナス材料】
FW永井謙佑が肩の手術のため長期離脱。また、キャプテンのMF東慶悟もACL直前のトレーニングで左目を負傷した。昨季まで主軸を務めていた彼らの欠場に加え、MF橋本拳人やD・オリヴェイラも負傷明けで、コンディションが上がりきっていないことが気がかりだ。

昨季までは堅守速攻のスタイルを研ぎ澄ませてきたが、今季は連動性をもって相手を崩そうという姿勢が見受けられる。そのため、ボールを保持する時間は増えているものの、ACLでは相手の引いた守備に苦しめられ、それを打開することができていなかった。また、その影響でカウンター攻撃の迫力やスピードが落ちていることも否めないマイナス材料だ。

文:totoONE編集部

データ

年間データ比較
勝ち点 2 0勝 2分 1敗 今季リーグ戦成績 勝ち点 5 1勝 2分 0敗
ホーム成績 0勝 1分 1敗 今季リーグ戦
ホーム・アウェイ
成績
アウェイ成績 1勝 0分 0敗
204勝61分141敗 スタジアム
通算成績
10勝4分4敗
1得点(0.33点) 今季リーグ戦
総得点
(1試合平均)
3得点(1点)
3失点(1点) 今季リーグ戦
総失点
(1試合平均)
1失点(0.33点)
11本 今季リーグ戦
総シュート数
10本
10本 今季リーグ戦
総被シュート数
11本
[0得点]2回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]0回 今季リーグ戦
得点回数
[0得点]2回 [1得点]0回 [2得点]0回 [3得点以上]1回
[0失点]2回 [1失点]0回 [2失点]0回 [3失点以上]1回 今季リーグ戦
失点回数
[0失点]2回 [1失点]1回 [2失点]0回 [3失点以上]0回
1得点(0.33点) 最近3試合
リーグ戦 総得点
(1試合平均)
3得点(1点)
3失点(1点) 最近3試合
リーグ戦 総失点
(1試合平均)
1失点(0.33点)
最近の試合結果
ホーム 日程 アウェイ ホーム 日程 アウェイ
J1 第5節 横浜M △0-0 03月18日   J1 第5節 広島 △0-0 03月18日  
  03月01日 J1 第2節 大分 △0-0 J1 第2節 横浜M △0-0 02月29日  
  02月26日 ルヴァン杯 第2節 名古屋 △0-0 ACL 第2節 パース・グローリー ◯1-0 02月18日  
  02月16日 ルヴァン杯 第1節 川崎 ●1-5   02月11日 ACL 第1節 蔚山現代 △1-1
      ACL プレーオフ セレス・ネグロス ◯2-0 01月28日  
  

twitterで各チームの最新情報をリアルタイムでチェック!

対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗

第1154回の対戦カード

仙台
vs
名古屋
C大阪
vs
大分
清水
vs
F東京
横浜M
vs
G大阪
広島
vs
鹿島

vs
札幌
川崎
vs
鳥栖
神戸
vs
横浜C
愛媛
vs
松本
北九州
vs
福岡
群馬
vs
新潟
水戸
vs
大宮
岡山
vs
金沢

totoインフォメーション

国内サッカー最新ニュースはこちら

海外サッカー最新ニュースはこちら

  
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。