第1154回の対戦カード

仙台
vs
名古屋
C大阪
vs
大分
清水
vs
F東京
横浜M
vs
G大阪
広島
vs
鹿島

vs
札幌
川崎
vs
鳥栖
神戸
vs
横浜C
愛媛
vs
松本
北九州
vs
福岡
群馬
vs
新潟
水戸
vs
大宮
岡山
vs
金沢
データを見る
対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗
:ホームチーム/:アウェイチーム
  • スタジアム周辺の天気を見る
  • データを印刷
ホーム アウェイ
仙台 名古屋
J1 第1節 2020年02月22日 14:00キックオフ ユアスタ

対戦成績

通算対戦成績
※データは公式サイトの発表に準じています
※天皇杯の成績は含まれておりません
10勝 5分 11勝
最近の対戦成績
アウェイ ○ 2 2019/10/19
パロ瑞穂
0 ● ホーム
ホーム ○ 1 2019/06/26
ユアスタ
0 ● アウェイ
アウェイ ● 0 2019/06/19
パロ瑞穂
2 ○ ホーム
ホーム ○ 3 2019/06/01
ユアスタ
1 ● アウェイ
ホーム ● 1 2018/08/01
ユアスタ
2 ○ アウェイ

チーム・選手情報

予想スタメン
    28   19    
             
14           18
    8   16    
2           4
    13   23    
      27      
4-4-2
27. J・スウォビィク
4. 蜂須賀孝治
23. シマオ・マテ
13. 平岡康裕
2. パラ
18. 道渕諒平
16. 吉野恭平
8. 松下佳貴
14. 石原崇兆
19. ジャーメイン良
28. 佐々木匠
      17      
             
  16   11   25  
    2   15    
23           26
    3   4    
      1      
4-2-3-1
1. ランゲラック
26. 成瀬竣平
4. 中谷進之介
3. 丸山祐市
23. 吉田豊
15. 稲垣祥
2. 米本拓司
25. 前田直輝
11. 阿部浩之
16. マテウス
17. 山﨑凌吾
選手情報
[出場微妙] なし [出場微妙] なし
[欠場濃厚] MF 飯尾竜太朗(0試合・0得点)
MF イサック・クエンカ(0試合・0得点)
FW 長沢駿(0試合・0得点)
FW アレクサンドレ・ゲデス(0試合・0得点)
[欠場濃厚] DF 太田宏介(0試合・0得点)
MF 長谷川アーリアジャスール(0試合・0得点)
FW ジョー(0試合・0得点)
[出場停止] なし [出場停止] なし
[上位スコアラー(3名)] なし [上位スコアラー(3名)] なし
チーム情報
昨季の主力ではリーグ最多の10アシストを記録したDF永戸勝也が鹿島へ移籍し、FWハモン・ロペスも退団。新戦力の目玉である元バルセロナのMFイサック・クエンカは、右膝半月板を負傷して10日に手術を実施しており、長期の離脱が決定している。昨季リーグ戦でチームトップの7得点を決めたFW長沢駿も右足関節外側靭帯損傷で欠場が確実。開幕前から台所事情は厳しい状態となっている。 シーズンオフ期間にDF金井貢史を清水へ、MF和泉竜司を鹿島へ放出。一方、期限付き移籍先から戻ってきたFWマテウスやFW相馬勇紀らを留め置くことで、選手層は厚くなった。川崎から獲得したMF阿部浩之や元広島のMF稲垣祥など、即戦力の確保にも余念がない。昨季リーグ戦32試合で6得点を挙げたFWジョー、チャンスメイク力に長けるFWガブリエル・シャビエルが残留したのも大きい。
プラス・マイナス材料
【プラス材料】
まずは開幕戦をホームで迎えられることが好要素だ。昨季はホームゲームで強く、結果は9勝4分4敗。本拠地『ユアテックスタジアム仙台』に良いイメージがあるので、リーグ戦は勝利でスタートさせたい。

今回対戦する名古屋とは昨季、相性が良かった。リーグ戦は2戦2勝、ルヴァン杯は1勝1敗。しかも、カップ戦の勝利はホームで挙げたものだ。

今季加わった新戦力がチーム内の競争を活性化させていることもプラス材料。DF吉野恭平やDFパラは16日のルヴァン杯浦和戦でまずまずのプレーを見せた。そして、今節の大きなプラスになりそうなのが、同じく今季加わったFW赤﨑秀平。昨季まで所属していた名古屋との“古巣対決”になるため、モチベーションは高いはずだ。新エースに名乗りを上げるゴールが期待される。

【マイナス材料】
リーグ戦開幕前のルヴァン杯での黒星が最大のマイナス材料。浦和とのアウェイゲームに臨んだ16日の試合は、DFシマオ・マテら昨季の主力メンバーが先発したものの大量5失点で敗戦。新チームでの守備構築を進めている途中とはいえ修正が必要だ。

攻撃陣に負傷者が多いことも苦しいところ。注目の新戦力であるMFイサック・クエンカは、右膝の手術を行って全治6カ月の長期離脱を余儀なくされた。得点源として期待されるFW長沢駿やFWアレクサンドレ・ゲデスといったセンターフォワードもピッチに戻れておらず、代わりに出場する選手はその穴を埋めなければならない。

また、J2での経験が豊富な木山隆之監督だが、J1開幕戦は初めてということも気がかり。カップ戦は出だしでつまずいたものの、リーグ戦は白星スタートで勢いをつけられるか。

文:totoONE編集部
【プラス材料】
1週間前に行われた今季の初陣、ルヴァン杯開幕戦は鹿島を相手に1-0で勝利。チームは幸先の良いスタートを切っている。

マッシモ・フィッカデンティ監督のもとで構築されてきた2020年の戦い方は、攻守両面でアグレッシブに、かつシンプルに敵陣へと攻め入る活動的なスタイル。やや堅さが出た前の試合は、FWマテウスの超絶FKで奪ったリードを守り抜く堅実さも見せた。

リーグ開幕戦はアウェイゲームということもあり、勝ち点優先の思考回路で準備するところはあるだろう。ただ、あくまでも狙うのは勝ち点3と開幕戦勝利でスタートダッシュを決めること。カップ戦で慣らし運転を終えたチームは、MF阿部浩之を中心とした2列目のタレントたちの突破力を生かして攻撃的な試合展開で仙台撃破を目論む。

【マイナス材料】
相次ぐ負傷者の影響でチームマネジメントの部分が序盤戦のネックになってきている。

キャンプ前にMF長谷川アーリアジャスールが、18日にはDF太田宏介がともに足の骨折で長期離脱を余儀なくされ、他にも主力でいまだ別メニュー調整の選手が数名いる。その中でDF吉田豊やFW山崎凌吾は開幕に間に合わせてきたが、まだまだ万全とは言えず実戦では交代策の準備が欠かせない状態だ。

特に山崎が入る最前線は、FWジョーが負傷中ということで、控えに同じようなタイプの選手がいない。彼らがいる時といない時では戦い方を少し変える必要があることをフィッカデンティ監督も明言している。そのプランがスムーズに遂行されるか否かも、勝敗を左右する重要な要素となるだろう。

文:今井雄一朗

データ

年間データ比較
勝ち点 3 0勝 3分 0敗 今季リーグ戦成績 勝ち点 3 0勝 3分 0敗
ホーム成績 0勝 1分 0敗 今季リーグ戦
ホーム・アウェイ
成績
アウェイ成績 0勝 2分 0敗
172勝88分116敗 スタジアム
通算成績
6勝2分4敗
1得点(0.33点) 今季リーグ戦
総得点
(1試合平均)
1得点(0.33点)
1失点(0.33点) 今季リーグ戦
総失点
(1試合平均)
1失点(0.33点)
6本 今季リーグ戦
総シュート数
16本
16本 今季リーグ戦
総被シュート数
6本
[0得点]2回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]0回 今季リーグ戦
得点回数
[0得点]2回 [1得点]1回 [2得点]0回 [3得点以上]0回
[0失点]2回 [1失点]1回 [2失点]0回 [3失点以上]0回 今季リーグ戦
失点回数
[0失点]2回 [1失点]1回 [2失点]0回 [3失点以上]0回
1得点(0.33点) 最近3試合
リーグ戦 総得点
(1試合平均)
1得点(0.33点)
1失点(0.33点) 最近3試合
リーグ戦 総失点
(1試合平均)
1失点(0.33点)
最近の試合結果
ホーム 日程 アウェイ ホーム 日程 アウェイ
  03月18日 J1 第5節 浦和 △0-0   03月18日 J1 第5節 横浜C △0-0
  03月01日 J1 第2節 G大阪 △0-0   03月04日 ルヴァン杯 第3節 川崎 △0-0
ルヴァン杯 第2節 C大阪 △0-0 02月26日   J1 第2節 湘南 △0-0 02月29日  
  02月16日 ルヴァン杯 第1節 浦和 ●2-5 ルヴァン杯 第2節 清水 △0-0 02月26日  
      ルヴァン杯 第1節 鹿島 ◯1-0 02月16日  
  

twitterで各チームの最新情報をリアルタイムでチェック!

対戦カード | J1 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗 | J2 時間帯別得点数 時間帯別失点数 状況別勝敗

第1154回の対戦カード

仙台
vs
名古屋
C大阪
vs
大分
清水
vs
F東京
横浜M
vs
G大阪
広島
vs
鹿島

vs
札幌
川崎
vs
鳥栖
神戸
vs
横浜C
愛媛
vs
松本
北九州
vs
福岡
群馬
vs
新潟
水戸
vs
大宮
岡山
vs
金沢

totoインフォメーション

国内サッカー最新ニュースはこちら

海外サッカー最新ニュースはこちら

  
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。