トップページ > WSKの海外蹴球指南

第987回 mini toto,GOAL3|独1第23節

リーグ9連勝中のバイエルンの勝利は鉄板
最下位のケルンは「3」得点の可能性も

2018年02月15日
赤字はシングル予想時のマーク
前回の第986回はmini toto-B組で1等当せんを果たし、3開催連続の当せんとなった。今季最後の海外totoとなる第987回はmini toto-A組とtotoGOAL3のみの開催だが、連続当せんで気持ちよく締めくくりたい。

ブンデスリーガは第22節を終え、全34節のちょうど3分の2を消化したことになるが、いまだ明確な勢力図が見えていない。首位バイエルンが勝ち点56ポイントで2位ライプツィヒを18ポイントも引き離している一方で、そのライプツィヒから11位ヘルタ・ベルリンまでの勝ち点差はわずか8ポイント。まれに見る大混戦となっているだけに、現在の順位を実力と判断しないほうがよさそうだ。むしろ、ウインターブレイク明けの直近5試合におけるチーム状態をよく見たほうがいい。

まず鉄板カードと決めるべきは、13位ヴォルフスブルクvs首位バイエルンだろう。リーグ9連勝中のバイエルンはチャンピオンズリーグの前後で調子を崩す傾向があるとはいえ、現在のヴォルフスブルクが相手なら苦戦するとは考えにくい。ヴォルフスブルクは主砲マリオ・ゴメスを放出した年明け以降の公式戦6試合でわずか4得点と、決定力に陰りが見える点が大きなマイナス材料。このカードは地力に勝るアウェイチームが勝ち点3を得ると見て、「2」のシングルをマークした。

同じくアウェイチームが優勢なのは、17位ハンブルガーSVvs5位レヴァークーゼンだ。レヴァークーゼンはリーグ戦の直近2試合で無得点に終わっているものの、2試合ともボール支配率は60パーセント以上、シュート本数も15本を超えており、チーム状態が悪くなっているとは思えない。スピードある攻撃陣のカウンターを大の得意としているレヴァークーゼンにとって、ポゼッションに難があるハンブルガーSVは格好の相手。降格圏にあるハンブルガーSVがホームでひたすら守り抜く展開になれば「0」、それ以外なら「2」が順当な結果と読んだ。

12位フライブルクvs15位ブレーメンは、ホームチームの守備力を高く買いたい。フライブルクは順位表で見れば中位にとどまっているとはいえ、リーグのホーム戦に限れば11試合で4勝6分1敗。失点はわずか7で、ホームでは首位バイエルンよりも失点が少ないという驚異的な守備力を見せている。中央突破にこだわりがちなブレーメン攻撃陣が、フライブルクの堅守を崩し切るのは難しいと予想して、アウェイチームの勝利を除外した「1」と「0」のダブルを押さえておく。

18位ケルンvs9位ハノーファーは、最下位ケルンの奮闘を予想する。ケルンはリーグ第17節からの3連勝で勢いに乗ったかに見えたが、その後の3試合は1分2敗と失速。しかし内容を見れば、ドルトムントに2-3、フランクフルトに2-4と、上位陣を相手に互角の打ち合いを展開している。特に前節のフランクフルト戦では、約4カ月ぶりに戦列復帰したMFマルセル・リッセがアシストを決め、今冬に加入したMFヴァンサン・コジエロがわずかな出場時間で好印象を残すなど、好材料が多かった。ハノーファーはセットプレーやカウンターで着実に得点を狙ってくるチームだが、最下位ケルンのモチベーションも加味して、「1」のシングルで勝負したい。

予想に悩んだのは6位シャルケvs8位ホッフェンハイム。いずれも年明けのリーグ戦5試合でわずか1勝と、フォームを崩している同士だけに、予想の決め手に欠けるというのが正直なところだ。ただし、ホッフェンハイムはユリアン・ナーゲルスマン監督が就任して以降、3回の対戦で2勝1分とシャルケを攻略している点は見逃せない。戦術家ナーゲルスマンが率いる今季のホッフェンハイムは、ゲームプランがハマれば強く、ハマらなければもろいチーム。ここは「2」と「1」の両にらみで万全を期すことにした。
赤字はシングル予想時のマーク
フライブルクvsブレーメンは、堅守のフライブルクが大崩れするとは考えにくい。ブレーメンは取れても「1」ゴールまで、フライブルクも「1」ゴール以内のロースコアで決着するだろう。今季、フライブルクのホーム戦で最も多いスコアは0-0で、4回を数えていることも付け加えておく。

ハンブルガーSVvsレヴァークーゼンは、ホームのハンブルガーSVにポジティブな材料が見当たらない。レヴァークーゼンが一方的に試合を支配するはずだが、ハンブルガーSVが守り切れるなら「0」-「0」のスコアレスドロー、それ以外ならアウェイチームが大勝する展開が濃厚だ。

ケルンvsハノーファーは、ようやく機能してきたケルン攻撃陣の爆発を予想して「2」と「3」のダブルを選択。ハノーファーはリーグのアウェイ戦11試合中、実に9試合で「1」得点と、セットプレーをうまく活用しながら結果を出している。無得点に終わる可能性も、大量得点の可能性も低いことから、「1」のマークが妥当だろう。
【ワールドサッカーキング編集部】「海外サッカーを究めるワンテーマ・マガジン」と題し、“旬”なクラブ、選手をあらゆる角度から紹介する海外サッカー誌の編集部。知識や独自のデータ分析、現地ライターとのつながりを生かして当せんを狙う。
予想&コラム
  • 予想陣のくじ実績

  •  首位vs最下位対決はスコアレスドロー 波乱頻発の第1029回で予想陣は当せんならず...
    [2018年07月22日更新]全文へ
  • 加藤理恵のマイウェイ予想

  •  川崎vs長崎は“小波乱”の可能性も 山口は5試合で2失点の水戸に「2」得点か...
    [2018年07月19日更新]全文へ
  • totoONE 編集部の蹴球分析

  •  勝敗左右するPK、得点数1位のチームは? 巻き返し図る川崎は攻撃陣が爆発なるか...
    [2018年07月19日更新]全文へ
  • ライター宇都宮徹壱の「リトル徹壱にそそのかされて」

  •  広島は最下位の名古屋を順当に下しそう ここ最近勝てていない山口は「2」得点予想...
    [2018年07月19日更新]全文へ
  • 今週のJ2

  •  山口vs水戸では“兄弟対決”の可能性も 山形vs新潟は、やや山形が優位と予想...
    [2018年07月18日更新]全文へ
  • 今週の狙い目

  •  積極補強の名古屋だが戦力には疑問 首位の広島が盤石勝ちの「2」が鉄板...
    [2018年07月18日更新]全文へ
  • 今週のJ3

  •  首位浮上の琉球は9位・秋田と対戦 富山はここ4試合1勝1分2敗と足踏み...
    [2018年07月11日更新]全文へ
  • WSKの海外蹴球指南

  •  リーグ9連勝中のバイエルンの勝利は鉄板 最下位のケルンは「3」得点の可能性も...
    [2018年02月15日更新]全文へ
  • 西岡明彦の実況予想

  •  北ロンドン・ダービーはトテナムがやや優位 新戦力フィットのドルトは複数得点に期待...
    [2018年02月08日更新]全文へ
  • 今週のブンデス

  •  レヴァークーゼンがヘルタを圧倒か ハノーファーは過去データでは優勢だが……...
    [2018年02月07日更新]全文へ
  • 今週のプレミア

  •  英国では今節もマンチェスター勢が有力視 マンCと戦うレスターはマフレズが謹慎中...
    [2018年02月07日更新]全文へ
  • 特別企画/インタビュー

  •  【自腹でmini toto予想/第979回】今年最後のmini toto予想! (SK編集部 みっしー)...
    [2017年12月22日更新]全文へ
toto関連情報
関連サイト
totoインフォメーション
国内サッカー最新ニュースはこちら
海外サッカー最新ニュースはこちら
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。