totoインフォメーション 2019年04月19日更新 第1085回totoGOAL2は1等5,596円が1,396口出現!
トップページ > totoONE 編集部の蹴球分析

第1086回 toto,mini toto,GOAL3|J1第8節/J2第10節

ホーム初勝利狙う浦和が混迷の神戸を撃破
名古屋は本拠地でのゴールラッシュなるか

2019年04月18日
赤字はシングル予想時のマーク
J1第7節とJ2第9節が対象となった第1084回は、ホームチーム勝利の「1」が2カード、アウェイチーム勝利の「2」が7カード、引き分けの「0」が4カードというくじ結果でした。J1では58.18%の勝利票を集めたC大阪がホームで札幌に敗れ、磐田有利と見られた“静岡ダービー”を清水が制したほか、J2では19.36%の支持にとどまっていた水戸が敵地で約半数の支持を集めた甲府を下すなど、いくつかのサプライズが発生。そのため、totoでは約3700万円の1等が1口誕生しました。totoONE予想陣では、加藤理恵さんがmini toto-A組で当せんを果たしています。

第1086回はJ1第8節とJ2第10節が対象。J1のチームはミッドウィークにACLとルヴァン杯を控えていることもあり、連戦を見据えた選手起用や采配を行うチームも出てくるでしょう。J2は首位争いが活発になっています。今開催には首位・水戸、2位・山形、4位・柏のカードが組み込まれており、この3試合の結果は順位も当せんの行方も左右するのではないでしょうか。今回の予想もまた頭を悩ませるものになりそうです。

J1では、浦和vs神戸とG大阪vs大分の2カードに注目しました。前節のG大阪戦に勝利した浦和と本拠地で広島に敗れた神戸の一戦は、ホームの浦和有利と予想します。前々節は横浜Mに完敗した浦和ですが、前節はリーグ屈指の破壊力を持つG大阪に完封勝利。終盤にCKからMFエヴェルトンが右足ボレーで値千金のゴールを決めました。前々節の松本戦に敗れた神戸は、ホームで広島と対戦。FWウェリントンとFW古橋亨梧の得点でリードしながら、65分からの10分間で3点を失い逆転負けを喫しました。7試合を終えて浦和は5得点・7失点、神戸は12得点・12失点。守備力は浦和、攻撃力は神戸と甲乙つけがたい状況です。ただ、「埼玉スタジアム2002」での直近5試合の直接対決はホームの浦和が3勝2分で、ホームアドバンテージを発揮。浦和はその5試合で15得点を挙げており、神戸は“お得意様”といったところでしょう。また、17日には神戸のフアン・マヌエル・リージョ監督が電撃退任。中2日で行われるこの試合への影響は大きいはずです。ホームアドバンテージを持つ浦和が神戸を下してリーグ戦ホーム初勝利を挙げる「1」をマークしました。

G大阪vs大分は、アウェイの大分勝利と見るのが妥当でしょう。大分は前々節、これまで一度も敵地で勝てなかった札幌に勝利。ホームに仙台を迎えた前節はDF岩田智輝とFWオナイウ阿道のゴールで快勝しています。G大阪は前々節の広島戦に0-3の完敗を喫すると、前節の浦和戦は12本のシュートを放ちながら無得点に終わり0-1で敗れました。両チームの通算対戦成績はG大阪の9勝0分5敗でホームチーム優勢を示していますが、最後の対戦が2009年なのであまり参考になりません。また、ここまで12得点を挙げているG大阪ですが、直近のリーグ戦2試合はノーゴール。最大の武器を封じられて勢いに陰りが見えます。大分は広島と同じ布陣・似たスタイルで戦っているので、G大阪にとっては嫌な相手となるでしょう。攻守ともに安定している大分が敵地でG大阪を破る「2」のシングルで勝負します。

4位・名古屋と14位・磐田の試合は、上位につける名古屋が勝利すると読みました。今季公式戦のホームゲームでは3勝1分、10得点・3失点と圧倒的な強さを披露。リーグ戦に限定すれば2戦2勝で6得点・0失点。本拠地は難攻不落の城と化しています。また、直近5試合の対戦成績は4勝1分で名古屋が大きくリード。清水との“静岡ダービー”に敗れて意気消沈の磐田を下すのは難しくないはずです。ここは名古屋勝利の「1」で間違いないでしょう。連敗を避けたいチーム同士が顔を合わせる鹿島vs仙台は、通算対戦成績で上回る鹿島が有利と見ます。両チームはこれまで25回対戦し、鹿島が15勝、仙台が8勝、引き分けが2回。ホームの鹿島が大きくリードしています。しかし、ホームでの仙台戦にはこの5年間で2度敗れており、決して油断はできません。また、仙台は今季リーグ戦のアウェイゲームでいまだ白星がなく、勝ちに飢えています。このカードは引き分けが極端に少ないので「0」はないでしょう。ホームチーム勝利の「1」を軸に、アウェイチームが波乱を起こすことも念頭に入れて「2」も押さえておきます。

J2では、昇格組同士の対決となる鹿児島vs琉球に注目しました。4連敗中の鹿児島は前節、敵地で山口と対戦。13本のシュートを放ちながら無得点に終わり、試合終了間際の失点で敗れています。琉球は東京Vとのアウェイゲームに臨み、1-1のドロー。試合終盤まで相手にリードされていましたが、後半アディショナルタイムのMF上里一将のゴールで引き分けに持ち込みました。琉球は5試合白星から遠ざかっていますが、その間に5得点を記録。一方の鹿児島は第3節の甲府戦から7試合連続で無得点が続いています。勢いに陰りが見えるとはいえ、J2最多得点を誇る琉球の攻撃を今の鹿児島が止められるとは思えません。琉球が敵地で勝利する「2」が濃厚でしょう。

初対戦となる8位・金沢と4位・柏の試合は、ホームの金沢が勝利すると見ました。金沢は今季のホームゲーム3戦全勝で負けなし。8得点・1失点と本拠地で強さを見せています。柏はアウェイゲーム5試合で3勝1分1敗と好成績を残していますが、前節の栃木戦は18本のシュートを打ちながら無得点に終わるなど決定力に問題を抱えています。ここまで金沢は15得点・8失点、柏は9得点・5失点を記録。守備力に差はありませんが、攻撃力はホームチームが大きくリードしています。敵地で結果を出している柏の勝利もあり得るので「2」も押さえながら、それでも得点力の差とホームアドバンテージが有利に働くと見て、金沢勝利の「1」を本命としました。
赤字はシングル予想時のマーク
前々節の鹿島戦以降3試合白星のない名古屋ですが、ホームで戦う今節は勝ち点3を手にするでしょう。前述のとおり、今季のホームゲームでは4試合で10得点を記録。1試合平均得点は2.50と、持ち前の攻撃力を存分に発揮しています。また、前節の横浜M戦で昨季得点王のFWジョーに開幕戦以来のゴールが生まれたのは朗報。一つの得点をきっかけに復調するのはよくある話です。得意のホームで攻撃陣が爆発すると見て、「2」を軸に「3」もマークしました。磐田は直近のリーグ戦3試合で4得点を挙げており、チームの状態は上向きつつあります。とはいえ、リーグ戦のホームゲームでいまだ無失点の名古屋を崩すのは至難の業。最近の結果を踏まえて「1」も押さえますが、「0」得点で終わるのが濃厚ではないでしょうか。

清水はリーグ戦で10得点を記録していますが、ホームではわずか3得点しか挙げられていません。とはいえ、今季公式戦全試合でゴールを決めているので、この試合も無得点で終わることはないでしょう。「1」得点は堅いと見ました。対するC大阪はリーグ戦7試合を終えてリーグワースト2位タイの5得点と、得点力不足に悩まされています。しかし、リーグ戦のアウェイゲームでは第2節の名古屋戦こそ無得点に終わりましたが、第5節の仙台戦では2ゴール、前々節の川崎戦では1ゴールと、敵地で得点を重ねています。今節の清水戦もアウェイでの試合になるため、ネットを揺らすシーンが見られるのではないでしょうか。こちらも「1」得点が濃厚と見ます。
【totoONE編集部(ととわん・へんしゅうぶ)】サッカーくじtotoの予想サイト。totoONE予想陣や編集部による予想コラムをはじめ、対象カードの詳細データや番記者による各クラブの直前レポートなど、toto予想に役立つ有力情報をお届けし、toto攻略を全力サポートしている。予想サイトならではの情報量をもとに、様々な切り口から大胆予想を展開する。
twitterアカウントは@totoONE_web
予想&コラム
  • totoONE 編集部の蹴球分析

  •  ホーム初勝利狙う浦和が混迷の神戸を撃破 名古屋は本拠地でのゴールラッシュなるか...
    [2019年04月18日更新]全文へ
  • WSKの海外蹴球指南

  •  攻撃力で勝るヴォルフスがマインツを撃破 勢いに乗るヘルタは大量得点の可能性も...
    [2019年02月14日更新]全文へ
toto関連情報
関連サイト
totoインフォメーション
国内サッカー最新ニュースはこちら
海外サッカー最新ニュースはこちら
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。