トップページ > 今週の狙い目
今週の狙い目
2018年07月18日


【狙い目 1】

積極補強の名古屋だが戦力には疑問
首位の広島が盤石勝ちの「2」が鉄板

W杯によるJ1の中断が明ける。名古屋vs広島は、広島が敵地から勝ち点3を持ち帰る「2」が鉄板マークだ。

現在の両チームの順位をおさらいしておこう。広島は15試合を消化して12勝1分2敗の首位。一方の名古屋は、2 勝3分10敗の最下位だ。両チームには28もの勝ち点差がある。

長いリーグ中断期間があったため、順位を額面通りに捉えるのは危険だ。各チームには戦術や連携を見直すだけの十分な時間があったし、新戦力の補強でベースアップも見込める。

名古屋はこの夏、柏から中谷進之介を、川崎からE・ネットを、F東京から丸山祐市を補強。市場で積極的な動きを見せた。ただ、中断前の名古屋を見る限り、補強ポイントは中盤前目から最前線だと考えている。12試合で4得点を決めているG・シャビエルは間違いなくチームのキーマンなのだが、彼が負傷などによって試合を欠場したり、厳しいマークに遭ったりすると、攻撃の怖さは半減してしまう。この問題は、今夏の補強で解決されていない。

対照的に、広島は目立った補強をほとんど行わなかった。中断前の戦いに満足感がある証拠だろう。前線にはメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)からべサルト・ベリーシャを獲得。ヨーロッパのチームを中心に渡り歩いてきた32歳のベテランを引き入れ、戦力は純粋にアップしていると言っていい。

“首位vs最下位”という構図を無視しても広島の勝利は堅い。「2」をマークしておけば、当せんの確率をグッと高められるはずだ。

※データは7月17日15時時点のものです

【狙い目 2】

浦和はいまだチーム再建の途中
エース残留のC大阪勝利「1」を推す

C大阪は4位、浦和は14位でリーグ中断期間を迎えた。この一戦は、エースの流出を防いだC大阪に勝機があると見ていいだろう。C大阪勝利の「1」を本命視すべきだ。

C大阪の攻撃陣でも特別な光を放つ男、柿谷曜一朗。その柿谷に移籍の噂があることが判明したのは、6月8日のことだった。しかも、移籍先として報じられたのは、あろうことか同じ町を拠点とするライバルチームのG大阪。チームは大きな衝撃に包まれたはずだ。

だが、最終的に柿谷は桜色のユニフォームを着続ける決意を固めた。エースの流出を防いだC大阪は、浦和を相手に持ち前の攻撃力を遺憾なく発揮するだろう。

一時は降格圏にまで沈んだ浦和は、シーズン途中にオズワルド・オリヴェイラ監督を招聘。しかし、指揮官が打ち出す戦い方を、いまだチームは試合の中で完遂できていない。11日に行われた天皇杯3回戦の松本戦は2-1で勝利したが、J2のチームに先制点を奪われている。指揮官も試合後の会見で「中断期間の成果がすべて出たとはまだ評価できない。まだまだやらなければいけないことがある」と述べている。

チームの“顔”が残留を表明し、攻撃力ダウンを免れたC大阪と、チーム再建の途中段階にある浦和。当せんにより近付きたいのであれば、ホームチーム勝利の「1」を押さえておくことをオススメする。

※データは7月17日15時時点のものです

【狙い目 3】

大分は攻撃水準を示す数値が高い
栃木に打ち勝つ「1」がマストマーク

約2ヶ月近い中断期間があったJ1とは違い、J2はこの夏休みなく試合が行われていた。直近の試合内容や結果をチェックすることで、当せんの確度を上げることができる。大分vs栃木は、大分が白星を獲得する「1」がマストマークだ。

大分は現在3位。23試合を消化して、12勝4分7敗の成績を残している。リーグ戦は3連敗中だが、敗れた徳島・甲府・大宮はいずれも調子を上げつつあるチームだけに、敗戦にもある程度の納得感がある。

対する栃木は、7勝5分11敗の18位。前々節の町田戦、前節の山形戦と連勝を飾っているものの、どちらも1-0での勝利であり“会心の出来”ではなかった。

1-0で薄氷を踏むような勝利を収めていることからも分かるように、栃木の攻撃力は決して高くない。「チャンス構築率」はリーグ20位、「ゴール数」は同20位、「シュート成功率」は同20位と、軒並みリーグ下位レベル。一方の大分は、「チャンス構築率」が同2位、「ゴール数」が同1位、「シュート成功率」が同2位とハイアベレージだ。町田や山形はいくつかあったチャンスを逸してくれたが、大分はチャンスを確実にゴールに結びつけるだけの力がある。昇格争いの最中でこれ以上勝ち点を落としたくない大分は目の色を変えて攻めてくるはずで、栃木にとっては苦しい戦いになるだろう。

大分vs栃木は、攻撃水準が高い大分が順当に勝利すると予想する。ホームチーム勝利の「1」をマークしよう。

※データは7月17日15時時点のものです
※一部データは『Football LAB』を参照

予想&コラム
  • 予想陣のくじ実績

  •  首位vs最下位対決はスコアレスドロー 波乱頻発の第1029回で予想陣は当せんならず...
    [2018年07月22日更新]全文へ
  • 加藤理恵のマイウェイ予想

  •  川崎vs長崎は“小波乱”の可能性も 山口は5試合で2失点の水戸に「2」得点か...
    [2018年07月19日更新]全文へ
  • totoONE 編集部の蹴球分析

  •  勝敗左右するPK、得点数1位のチームは? 巻き返し図る川崎は攻撃陣が爆発なるか...
    [2018年07月19日更新]全文へ
  • ライター宇都宮徹壱の「リトル徹壱にそそのかされて」

  •  広島は最下位の名古屋を順当に下しそう ここ最近勝てていない山口は「2」得点予想...
    [2018年07月19日更新]全文へ
  • 今週のJ2

  •  山口vs水戸では“兄弟対決”の可能性も 山形vs新潟は、やや山形が優位と予想...
    [2018年07月18日更新]全文へ
  • 今週の狙い目

  •  積極補強の名古屋だが戦力には疑問 首位の広島が盤石勝ちの「2」が鉄板...
    [2018年07月18日更新]全文へ
  • 今週のJ3

  •  首位浮上の琉球は9位・秋田と対戦 富山はここ4試合1勝1分2敗と足踏み...
    [2018年07月11日更新]全文へ
  • WSKの海外蹴球指南

  •  リーグ9連勝中のバイエルンの勝利は鉄板 最下位のケルンは「3」得点の可能性も...
    [2018年02月15日更新]全文へ
  • 西岡明彦の実況予想

  •  北ロンドン・ダービーはトテナムがやや優位 新戦力フィットのドルトは複数得点に期待...
    [2018年02月08日更新]全文へ
  • 今週のブンデス

  •  レヴァークーゼンがヘルタを圧倒か ハノーファーは過去データでは優勢だが……...
    [2018年02月07日更新]全文へ
  • 今週のプレミア

  •  英国では今節もマンチェスター勢が有力視 マンCと戦うレスターはマフレズが謹慎中...
    [2018年02月07日更新]全文へ
  • 特別企画/インタビュー

  •  【自腹でmini toto予想/第979回】今年最後のmini toto予想! (SK編集部 みっしー)...
    [2017年12月22日更新]全文へ
toto関連情報
関連サイト
totoインフォメーション
国内サッカー最新ニュースはこちら
海外サッカー最新ニュースはこちら
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。