トップページ > 加藤理恵のマイウェイ予想

第1056回 toto,mini toto,GOAL3|J1第34節/J3第34節

ACL出場権&残留プレーオフ争いが焦点に
王者・川崎は磐田相手に大量得点も十分

2018年11月29日
赤字はシングル予想時のマーク
前回の第1055回ではmini toto-A組とtotoGOAL3でダブル当せんを果たすことができました。これで第1054回から2開催連続当せん、手前味噌で恐縮ですが、ポイントを絞ったいい予想ができているのではないかと思っています!

そして今回の第1056回をもって、今季の私のコラム『加藤理恵のマイウェイ予想』は終了となります。有終の美を飾れるよう、気合を入れて予想していきますよ~!

J1はACL出場権争いと残留プレーオフ争いが焦点になるでしょう。広島、鹿島、札幌、横浜M、磐田、湘南、鳥栖、名古屋の動向が、当せん結果に大きな影響を与えることになります。

まずはACL出場権争いから。鹿島と札幌が来季のACL出場の可能性を残していますが、鹿島にとっては、残留争いの渦中にいる鳥栖が相手というのが嫌なところ。鳥栖はフェルナンド・トーレス&趙東建の2トップで試合に挑む可能性が高そうですが、古巣対決に燃えているはずの金崎夢生をスタメンに登用してくるかもしれません。出場となれば、金崎のギアは一段階上がるはず。このカードは、勝負強い鹿島が白星の本命と見て「1」を軸にしておきつつ、鳥栖が粘りの勝ち点1を手にする「0」も押さえておきます。

その鹿島を勝ち点差1で追うのが4位の札幌です。今季最終戦の相手は、リーグ戦6連敗中でありながらも2位をキープしている広島。クラブ史上初めてACLを懸けた戦いに挑む札幌がプレッシャーを感じ堅くなることも想定し、本軸はドローの「0」とします。そのなかでどちらかに振るとすれば、勢いで上回る札幌の方がベター。よって、mini toto-A組では「1」を併せたダブルで的中度を高めました。

残留争いの渦中にあるクラブの中で、苦しい戦いを強いられそうなのが磐田です。今節は、すでにリーグ優勝を手中に収めている川崎とアウェイで対戦しますが、前節の札幌戦(● 0-2)では中盤のプレスがかからず失点しているように見受けられました。最終ラインに相手の攻撃が直接突き刺さっていることで、ゴールを割られる可能性が高まっているのが今の磐田。中盤の緩さを王者・川崎が見逃すはずもありませんし、ここはホームチーム勝利の「1」のシングルに絞っても良さそうです。
赤字はシングル予想時のマーク
totoGOAL3に組み込まれた試合の中でACL出場権争いと残留プレーオフ争いに絡んでくるのは、札幌vs広島と川崎vs磐田の2カード。各クラブの置かれている状況が心理面に与える影響も予測しながら、マーキングしていきたいものですね。

逆転でのACL出場権確保を狙う札幌は、広島相手に「1」得点の奪取を本命視。場合によっては「2」までゴール数を伸ばすかもしれないと見ています。広島が最近3試合で平均2失点を喫していることを考えると、札幌の「1」&「2」は妥当なマーキングだと言えるでしょう。その広島は「1」を軸に「0」へと下げるダブルを使用。得点源のパトリックが第27節・F東京戦を最後に5試合ゴールから遠ざかっている点も考慮に入れ(前節・名古屋戦は出場停止で欠場)、複数得点は選択肢から除外しました。

今季も安定の強さでJ1を制した川崎は、磐田相手にゴールラッシュもあり得そう。マーキングは「2」&「3」のダブルで勝負します。totoでも述べましたが、今の磐田は中盤の緩さが目立つため、ボールを保持して相手守備の穴を突く川崎のスタイルがハマる可能性が高そうです。対する磐田は「1」&「0」のロースコア予想。川崎に試合を支配される時間が長くなり、なかなか攻撃に出られないかもしれません。

神戸vs仙台は「1」-「1」のドロー決着が本軸。神戸はウェリントンと藤田直之の出場停止が攻撃面に問題を起こしそうですし、仙台も最近3試合は平均0.33得点とゴール欠乏症に陥っています。基本はロースコアの痛み分けを想定しつつ、個の力で上回る神戸が爆発する展開も視野に入れ、「3」も押さえておくことにします。

******************************

今季もtotoONEさんで予想コラムを執筆させていただく中で、改めてJリーグを予想していく難しさを感じました。ですが、それはこの一年が「こんな予想もできない結果になるなんて!」という驚きに満ちていた証でもありますし、予想が当たった時の大きな喜びにもつながっていたのだと思います。

来季も“マイウェイな”視点を貫いて、Jリーグの予想をしていけたら幸いです。一年間、本コラムにお付き合いいただきありがとうございました!
【加藤理恵(かとう・りえ)】2005年に『ミスマガジン2005』にて読者特別賞を受賞。2007年は『サッカーアース』(日本テレビ系)にレギュラー出演し、2012年には『マッチデー Jリーグ』(スカパー!)でMCを務めるなどマルチに活躍していたが、現在は女優を中心に活躍中。母親が日系ブラジル人のためブラジルにルーツを持つ。 Jリーグでプレーする外国籍選手へのインタビュー「カトリエのマイ・ファースト・スパイク」連載中
加藤理恵オフィシャルサイト
予想&コラム
  • 予想陣のくじ実績

  •  中断明けのブンデスは大きな波乱なし 第1065回totoでは1等約85万円が89口誕生!...
    [2019年01月20日更新]全文へ
  • 西部謙司のtoto解体新書

  •  ロンドン・ダービーは「0」の一点賭け ライプツィはホームで「3」得点奪取なるか...
    [2019年01月17日更新]全文へ
  • 西岡明彦の実況予想

  •  アーセナルvsチェルシーは「0」&「1」 ハノーファーは指揮官の采配がカギを握る...
    [2019年01月17日更新]全文へ
  • WSKの海外蹴球指南

  •  ライプツィvsドルトはホーム勝利を本命視 休み明けのフランクフルト攻撃陣に期待...
    [2019年01月17日更新]全文へ
  • 今週のブンデス

  •  ブンデスリーガの2019年がスタート レヴァーvsメンヘンはホーム優勢と見る...
    [2019年01月16日更新]全文へ
  • 今週のプレミア

  •  マンUが新体制で怒涛の公式戦6連勝 首位リヴァプールの連勝にも期待大...
    [2019年01月16日更新]全文へ
  • 今週の狙い目

  •  今季リーグ戦全試合得点のブレーメン ハノーファーを破る「2」が濃厚...
    [2019年01月16日更新]全文へ
  • totoONE 編集部の蹴球分析

  •  3年ぶり実現の“みちのくダービー” 仙台は山形から「2」得点奪取を本命視...
    [2018年12月03日更新]全文へ
  • 加藤理恵のマイウェイ予想

  •  ACL出場権&残留プレーオフ争いが焦点に 王者・川崎は磐田相手に大量得点も十分...
    [2018年11月29日更新]全文へ
  • 今週のJ3

  •  今季も本当にお世話になりました! 土屋雅史がJ3ベストイレブンを選出!...
    [2018年11月28日更新]全文へ
  • 今週のJ2

  •  土屋雅史がJ2ベストイレブンを選出! 2018年最も活躍した選手たちは誰だ!?...
    [2018年11月14日更新]全文へ
  • 特別企画/インタビュー

  •  【自腹でmini toto予想/第979回】今年最後のmini toto予想! (SK編集部 みっしー)...
    [2017年12月22日更新]全文へ
toto関連情報
関連サイト
totoインフォメーション
国内サッカー最新ニュースはこちら
海外サッカー最新ニュースはこちら
試合速報でtotoの当せん状況をリアルタイムチェック

Jリーグ選手名鑑
totoオフィシャルサイト  totoONE twitter  toto初めての方  サッカーキング 
プライバシーポリシーお問い合わせ・ご意見広告掲載のお問い合わせ
※totoONEウェブにおける予想情報の提供は(株)フロムワンが実施しているものです。