『6億円攻略ガイド』は、最高6億円くじBIGの必勝データや情報が満載。サッカーくじの予想に役立つデータや情報をお届けする『totoONE』(トトワン)が、6億円をゲットするための秘策をお教えします。
BIGで当せんしたら何を買う?
  • PR
BIGで当せんしたら何をする?
  • PR
BIGで当せんしたらどこに行く?
  • PR
  • totoオフィシャルHP
  • BIGくじを購入する
  • BIG販売店舗を探す
  • BIG当せん確認
BIG基本情報

 BIGは1口300円で買えるお手軽なくじ。通常は1等最高3億円ですが、キャリーオーバー発生時には1等最高6億円のビッグチャンスが到来します。
 当せんの種類は、すべて的中が1等、1試合はずれが2等、2試合はずれが3等、3試合はずれが4等となっています。1等当せん確率(理論値)は約1/480万で、この確率は日本で販売されているどのくじよりも高いと言われています。
 J1及びJ2の14試合を対象にホームチームの90分間での勝ち=「1」、その他(引き分け・延長)=「0」、負け=「2」をコンピュータがランダムに選択してくれるので、試合結果を予想する必要はありません。Jリーグに詳しくない方でも気軽に楽しむことができます。

 BIG1000は1口200円から購入できるお買い得なくじ。1等当せん金(理論値)は約1000万円とBIGよりも少ないですが、できるだけ単価が安く、より確率の高いくじで大金を手にしたい!という方にピッタリです。
 BIGと同様に、J1及びJ2の対象試合をホームチームの90分間での勝ち=「1」、その他(引き分け・延長)=「0」、負け=「2」をコンピュータがランダムに予想してくれるので、サッカーを知らなくても気軽に楽しめるのが魅力です。
 対象試合はBIGより3試合少ない11試合。1等当せん確率(理論値)はBIGの約1/480万より高く、約1/18万の確率となっています。当せんの種類は、3試合外れの4等まであります。

 mini BIGの対象試合はわずか9試合。1等当せん確率(理論値)も約1/2万と低く、BIGやBIG100よりも当せんの可能性がはるかに高いことで、人気を集めています。
 1口200円から購入でき、BIGやBIG1000と同様に、J1及びJ2の対象試合の結果、つまり、ホームチームの90分間での勝ち=「1」、その他(引き分け・延長)=「0」、負け=「2」をコンピュータが自動的に選択してくれるため、予想する労力が不要な点も魅力と言えるでしょう。
 当せんの種類は、すべて的中が1等、1試合はずれが2等、2試合はずれが3等。売上金額や当せん口数によって変動しますが、1等当せん金(理論値)は約100万円となっています。

 BIGは、インターネット、コンビニエンスストア、toto売り場で購入できます。
 インターネットの販売チャネルは、totoオフィシャルサイト、楽天銀行totoサイト、楽天totoサイト、ジャパンネット銀行サイト、Yahoo! totoサイト、三井住友銀行サイトの6つ。Club totoへの会員登録(入会金・年会費無料)が必要なtotoオフィシャルサイトでの購入には、24時間購入可能な上、試合開始10分前までくじが買え、当せん金の自動振り込みという特典が付きます。
 自宅や会社などの近くでくじを買いたいという方には、ローソン、ファミリマート、サークルK・サンクス、セブン-イレブン、toto売り場での購入がおススメ。コンビニの場合、店頭に並ぶマルチメディア端末のガイドに従うだけで簡単に買うことができます。

 BIG、BIG1000、mini BIGは予想要らずのくじ。コンピュータが勝敗予想をランダムで選択するシステムになっています。自分の予想が反映できない代わりに、サッカーやJリーグを全く知らない方でも気軽に一攫千金の夢を抱けるのが最大の魅力と言えるでしょう。
 コンピュータ任せでなく、自分で予想したい、という方には、toto、mini toto、totoGOAL3がオススメ。各チームの戦況分析、対戦データなど、情報を駆使して勝敗予想をするのがtotoならではの醍醐味です。
 サッカーくじ予想&情報専門サイト『トトワン』(http://www.totoone.jp/)では毎開催ごとに各試合の分析や勝敗予想を行っているので、ぜひ参考にしてみてください。

 サッカー界で言う「ホーム」は本拠地、「アウェイ」は敵地を意味しています。BIGなどでコンピュータが自動的に選択する「1」、「0」、「2」は、試合結果を表しており、「1」はホームチームの勝利、「0」は引き分けや延長、「2」はホームチームの敗戦、言い換えればアウェイチームの勝利を示しています。
 一般的にホームチームは多くのサポーターの声援を受けるため有利と言われており、過去のくじ結果を見ると、BIGでは1開催あたり6試合程度が「1」となることが多いようです。
 なお、過去には指定試合が中止、または延期になったため、それらの試合は「1」、「0」、「2」のいずれも合致したものと見なされた開催回がありました。

 1等当せん者が出なかった場合や1等当せん者が出ても配当金が余った場合、その1等配当金は、次回に繰り越されます。他の各等も同様に配当金は次回に繰り越されますが、これらの繰越金のことをキャリーオーバーと呼びます。
 キャリーオーバーが発生している開催回は該当回の売上の39%に前回からの繰越金を加えた額が1等配当金となり、まさに最高当せん金が当たるビッグチャンス。BIGで言えば1等最高6億円の絶好機が到来していることを意味しています。
 キャリーオーバーはBIGだけでなく13試合の結果を予想するtotoでも生じる場合があります。キャリーオーバー発生中のtotoでは、1等当せん金は最高2億円となります。

 1等配当金総額は、BIG1等当せんに払い戻される当せん金の原資総額です。原資総額の基本内訳は、前開催回のキャリーオーバーと、該当開催回のBIG売上金額のうちの40%で構成されており、totoオフィシャルHP上ではBIGの1等配当金総額の速報値を確認することができます。
 当せん1本あたりの当せん金上限は6億円となっているため、1等配当金総額が12億円の場合は6億長者が最大2人、18億円の場合は6億長者が最大3人誕生する可能性があります。配当金総額が高ければ高いほど、6億円のチャンスが高まると言えるでしょう。
 ただし、当せん金はキャリーオーバーの有無、売上金額や当せん口数によって変動するのでご注意ください。

 1等最高6億円のBIGが販売を開始したのは2006年9月。予想不要でサッカーに詳しくなくても楽しめるということで、販売スタート以来、人気を博していますが、2013年の第618回で6億長者はついに200人を突破しました。
 2006年の第256回で1等当せんが初出現(1等当せん金は約5億8000万円)、2010年は1等6億円が40本、2011年は1等6億円が33本、2012年は1等6億円が41本も出現しています。
 ちなみに、2012年までのデータを見ると、購入時の天気は曇りが最多で49本、購入場所は toto売り場が最多の48本となっています。2012年までは10口以上の購入が6億長者の108本と、まとめ買いがおススメのようです。

 BIGは基本的に週末開催の試合が対象。指定試合が開催される土曜日までの約1週間を販売期間とするのが通常のパターンです。totoは週末開催に加え水曜日開催の試合を対象にすることもありますが、BIGが水曜日のゲームを対象にすることはありません。
 注意が必要なのは、BIG、BIG1000、mini BIGの3種類が毎週必ず行われるとは限らないこと。過去にはBIG1000とmini BIG、あるいはmini BIGしか開催されない週もありました。開催スケジュールや販売くじに関しては、totoオフィシャルサイトを定期的にチェックするのが良いでしょう。
 なお、totoやBIGの販売スケジュールに関しては、サッカーくじ予想&情報専門サイト『トトワン』(http://www.totoone.jp/)が無料配信しているメールマガジンでも確認することができます。

 totoオフィシャルサイトでは、各くじの最終対象試合が終了した日に、結果と当せん金を公表しています。
 totoオフィシャルサイトは過去の全くじ結果を照会している上、開催回とくじ種類を選択し、照会番号を入力するだけの当せん照会サービスを行っているので、これらを利用されるのが便利です。
 また、対象試合が終了した翌日の新聞などでも結果の確認ができますし、最寄りのtoto売り場にくじを持参すると販売員が照会を行ってくれます。『トトワン』(http://www.totoone.jp/)では、BIGとtotoのくじ結果などを掲載したメールマガジンを無料配信していますので、こちらもぜひご利用ください。

 チケット1枚の当せん金額が10万円以下の場合、サークルK・サンクス、セブン-イレブン、toto取扱いの信用金庫、または払戻可能なtoto売り場で現金を受け取れます。店舗によって払戻の限度額が異なりますのでご注意ください。
 10万円以上50万円以下の場合は信用金庫での受け取りになり、その場で現金を受け取れます。50万円を超えると、信用金庫で手続きを行い、十数日後に窓口で直接受け取るか、指定口座への振り込みかのいずれかを選択できます。10万円以上の場合は当せん金の払戻を行う取次店を利用することが可能です。
 インターネットなど現金以外で購入し当せんした場合は、口座への自動振り込みとなります。なお、いずれの場合も払戻期間は払戻開始日から1年間が基本となっていますのでご注意ください。

 2012年は計33開催のうち実に20開催で6億円が出現。1等は計41本も誕生しましたが、そのすべてが最高6億円でした。

 BIGの1等6億円は2011年までに累計153口出現。では、1開催あたりの6億円の最多口数はと言うと、2007年に行われた第313回と、2010年の第484回、そして第564回でなんと5口も出現! 次いで、2010年の第347回、第357回、2009年の第376回、2010年の第478回、2012年の第594で1等6億円が4口ずつ出現しています。なお、1等の最多口数は2007年の第278回。この時は、約5億6000万円の1等が7口も誕生しました。
 1等6億円の連続出現記録を調べてみると、2008年の第345回から12回連続が最多。約3カ月の間に合計24名もの6億長者が生まれたというのだから驚きです。ちなみに、連続記録のスタートとなった第345回時は史上最高となる約82億円のキャリーオーバーが発生していました。

 2012年2月までに出現した1等6億円194本を対象に調べてみると、ある傾向が浮かんできました。
 購入曜日で一番多いのは土曜日で42本、購入時間帯は10時台が20本でトップとなっています。購入時の天気は曇りがなんと49本(インターネットでの購入は除く)。
 つまり、6億長者になるためには、土曜日の10時台にBIGを購入するのが理想的。もちろん、天気が曇りであれば、6億円ゲットへの期待はさらに高まります!
 ちなみに、データに従えばtoto売り場での購入がおススメです。2012年までに出現し、2013年2月時点で当せん金受け取り済みのうち、実に48本がtoto売り場で購入されたものでした。

 BIGの1等当せん確率は理論値で約480万分の1。「約480万分の1」と言われても、具体的なイメージが湧かない方もきっと多いはずです。では、数字選択式宝くじロト6の約1.3倍、ジャンボ宝くじの約2倍と言うと、どうでしょうか? 何だか期待値が高まってくるはずです。
 ロト6の1等当せん確率は約610万分の1で、ジャンボ宝くじは約1000万分の1。この数字と比較すると、BIGの約480万分の1という確率は意外に低く思えてきます。
 BIGは1等当せん金でも他のくじを上回っています。キャリーオーバー発生時のBIGは1等最高6億円。同条件でロト6は1等最高4億円、ジャンボ宝くじは1等前後賞を合わせて3億円となっており、BIGの当せん金が図抜けていることは一目瞭然です。
 さらに注目したいのは販売頻度。例えば、ジャンボ宝くじの販売は年5回となっており、一攫千金のチャンスがほぼ毎週訪れるBIGは非常に魅力的と言えるでしょう。

 サッカーは雨天でも開催されるスポーツとして知られていますが、台風や雷雨、強風などで試合を行うのが難しい場合は、中止や延期となることもあります。例えば、2009年のJ1では第25節の鹿島vs川崎が豪雨によるピッチコンディションの不良のため中止、改めて再開試合が開催されました。
 くじの対象試合が中止や延期となった場合、BIG系商品もtoto系商品も、基本的にはくじ結果は「1」、「0」、「2」のいずれにマークされていても的中扱いとなります。前述の鹿島vs川崎が中止となった第417回も、この試合は「1」、「0」、「2」のいずれでも合致したものとみなされました。この結果、1等当せん確率は約480万分の1から約160万分の1にアップ、約4億5000万円の1等が5口も出現しています。

 基本的に雨で試合が中止になることはありませんが、雷や台風などの自然災害によって試合が延期、または中止される場合があります。その際、あらかじめ指定されている試合数を下回った場合、くじは不成立となります。
 BIGは指定された14試合中10試合以上が開催されると成立。BIG1000は11試合中8試合以上で成立、mini BIGは9試合中6試合以上で成立となります。なお、くじが不成立になった場合、購入代金は返還金として受け取ることができます。
 ちなみに、2007年の第291回BIGでは3試合が台風の影響で中止になりましたが、11試合が開催されたため、くじが成立しました。中止となった3試合は「1」、「0」、「2」のいずれにマークされていても的中扱いとなったため、当せん確率がアップ。1等が4本も出現しています。

 Club totoはtotoやBIGの購入者には魅力満載の会員制度。入会金・年会費は無料で、くじを買うと100円に付き1ポイントが貯まり、そのポイントは会員限定のキャンペーンなどで利用できます。
 Club totoへの入会に必要なものは、指定のクレジットカード、またはイーバンク銀行の口座。19歳以上の方は、すぐに入会手続きができます。指定のクレジットカードや登録方法はtotoオフィシャルサイトのClub totoってなあに?のページでご確認ください。
 Club toto会員の特典は盛りだくさんです。会員になればインターネットでの購入が可能となり、24時間いつでもくじが購入可能。試合開始10分前まで買えるのも魅力と言えるでしょう。当せん金は自動振込のため手間要らずですし、会員メニューからくじの購入履歴や当せん状況を確認することもできます。

 入会金・年会費無料のClub totoに入会すれば、24時間いつでもくじを購入することできます。インターネット購入も可能となるため、外出せずに気軽に自宅でくじを買い求められるのは会員のメリットの一つと言えるでしょう。
 また、インターネット購入は試合開始10分前まで認められているため、toto購入者にとってはじっくり予想できるのが利点と言えます。基本的にJリーグのスターティングイレブンはキックオフの約2時間前に発表されますが、先発メンバーを確認してから予想できる、という点は大きなメリットと言えるでしょう。主力選手が負傷などで欠場する場合、多かれ少なかれ戦況が左右されることは言うまでもありません。
 インターネットでくじを購入した場合、ログインすればすぐに当せん状況や購入履歴がネット上で確認できます。ちなみに、くじが当せんしている場合はドル袋に羽の生えたアイコンが画面上に現れるのですが、この当せんマークを目にした時の感動は筆舌に尽くし難いようですよ!